[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

安田祐香が7位発進 イ・ボミら支えた名キャディーと初コンビで「凄く心強いです」

女子ゴルフの国内メジャー今季初戦・ワールドレディスサロンパス杯が5日、茨城GC西C(6680ヤード、パー72)で開幕した。2000年度生まれで「プラチナ世代」の安田祐香(NEC)は、2バーディー、ボギーなしの70で2アンダー。首位に6打差の7位につけた。

初日2アンダーで首位に6打差の7位につけた安田祐香【写真:Getty Images】
初日2アンダーで首位に6打差の7位につけた安田祐香【写真:Getty Images】

国内メジャー今季初戦・ワールドレディスサロンパス杯初日

 女子ゴルフの国内メジャー今季初戦・ワールドレディスサロンパス杯が5日、茨城GC西C(6680ヤード、パー72)で開幕した。2000年度生まれで「プラチナ世代」の安田祐香(NEC)は、2バーディー、ボギーなしの70で2アンダー。首位に6打差の7位につけた。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 安田は、耐えながらスコアをまとめた。「ティーショットが左に行くことが多かった」ものの、アプローチ、パットを決めてパーセーブを連発。最終18番パー4も2メートルのパーパットを沈めた。

 今大会はアマチュアだった2018年大会以来の出場。4年前は同じコース開催で11位に入っているが、「怖いもの知らずだったあの時よりも、今の方が難しく感じます」と実感を込めた。言葉通り、プロとしてツアールーキーだった昨季は賞金ランク50位には入れず、シード獲得に失敗。ツアー最終予選会を突破して戦う今季についても、「連戦でメジャーに体調を合わせていく難しさも感じています」と言う。

 その状況下、今季はイ・ボミらのバッグを担いできた名キャディーの清水重憲氏が、初めて安田を担当。安田は「このコースも多く回っていらして、すごく心強いです」と話し、「フェアウェーも硬いコースなので、そこに打っていけばボールは転がっていく。清水さんからも『とにかくフェアウェーキープ』と言われています」と明かした。

 今季は、前々週のフジサンケイレディスクラシックで自己最高の3位に入っている。徐々に自信をつけてきた安田が、同期の西村優菜、吉田優利、古江彩佳の背中を追うべく、今大会も上を目指す。

(THE ANSWER編集部・柳田 通斉 / Michinari Yanagida)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集