[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

危険ファウルで肘骨折した被害選手 復帰まで1か月と米報道、監督も怒りを露わに

米プロバスケットボール(NBA)のウォリアーズのゲイリー・ペイトン2世が3日(日本時間4日)、プレーオフのカンファレンス準決勝のグリズリーズ戦で危険ファウルを受けて左肘を骨折。米メディアは復帰まで1か月を要すると報道している。

ウォリアーズのゲイリー・ペイトン2世【写真:AP】
ウォリアーズのゲイリー・ペイトン2世【写真:AP】

ウォリアーズのペイトンが肘骨折

 米プロバスケットボール(NBA)のウォリアーズのゲイリー・ペイトン2世が3日(日本時間4日)、プレーオフのカンファレンス準決勝のグリズリーズ戦で危険ファウルを受けて左肘を骨折。米メディアは復帰まで1か月を要すると報道している。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 問題の場面は、試合開始から3分足らずで起きた。速攻で攻め上がったペイトンは、ボールを受けると相手ペイントエリア内で跳び上がってシュート。しかし、後方から腕を伸ばしてきたディロン・ブルックスと接触。バランスを崩して着地に失敗した。左腕のつき方が悪かったようで、肘を押さえて悶絶。ブルックスはフレグラントファウル2で一発退場となった。

 ウォリアーズのスティーブ・カーHCは、試合後の会見で「意図的だったかどうかは分からないが汚いプレーだ」「このリーグには、空中で頭を叩いたりして、選手をシーズンやキャリアの危機に追いやってはいけないという慣例がある。最終的にゲイリーの肘を折ったんだ」「彼は慣例を破った」と批判。ファンの間でも厳しい声が上がり、注目されていた。

 米スポーツ専門局「ESPN」によると、ペイトンは4日(同5日)にMRIによる精密検査を受けた結果、「約1か月の離脱になる見込み」だという。また、6月2日(同6月3日)から始まるNBAファイナルに、ウォリアーズが進出した場合は復帰の可能性があると伝えた。ファウルをしたブルックスについては、NBAが現在調査中であり、現地時間5日に処分が言い渡される予定のようだ。

 29歳のペイトンは、NBAデビューした2017年から現在までGリーグを含め9チームでプレーした苦労人。2019-20年シーズンにはウィザーズで八村塁ともチームメイトだった。今季のレギュラーシーズンではキャリア最多となる71試合に出場。1試合平均7.1得点、3.5リバウンド、1.4スティールを記録し、守備職人としてもチームに欠かせない存在となっていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集