[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

西村優菜「ドキドキ、ワクワク」 小林浩美会長の金言でV2へ「ありがたかったです」

女子ゴルフの今季国内メジャー初戦・ワールドレディスサロンパス杯が5日、茨城GC西C(6680ヤード、パー72)で開幕する。4日は、昨年大会女王の西村優菜(スターツ)が会見。今季出場8試合でトップ10入り5度と好調だが、優勝はない。勝負どころのパットが決まらないことが理由だ。この日はプロアマ戦で同組の日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)の小林浩美会長から貴重なアドバイスを受けた。2連覇へ「ドキドキ、ワクワク」と心境を明かした。

開幕前日に会場で調整した西村優菜【写真:Getty Images】
開幕前日に会場で調整した西村優菜【写真:Getty Images】

国内メジャー初戦・ワールドレディスサロンパス杯が5日開幕

 女子ゴルフの今季国内メジャー初戦・ワールドレディスサロンパス杯が5日、茨城GC西C(6680ヤード、パー72)で開幕する。4日は、昨年大会女王の西村優菜(スターツ)が会見。今季出場8試合でトップ10入り5度と好調だが、優勝はない。勝負どころのパットが決まらないことが理由だ。この日はプロアマ戦で同組の日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)の小林浩美会長から貴重なアドバイスを受けた。2連覇へ「ドキドキ、ワクワク」と心境を明かした。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 西村はラウンド中、小林会長に相談していた。

「『ここは入れたい』という時のパットが外れています。一筋違うという感じの惜しいパットです。ショットの状態はいいので、パットがかみ合っていけば、もう少し良くなると思うのですが……」

 小林会長は自身の経験も踏まえ、西村にアドバイスした。

「入れたい気持ちが強すぎるんですよ。それが今、集中すべきことを上回っているのでは。だから、そういう時こそ淡々とやってみたらどうですか」

 金言を受け、西村も改めて「ワンショットに集中」の大切さを感じ、「とてもありがたったです」と言った。

 昨年大会最終日は首位と3打差からスタートし、67で鮮やかな逆転優勝を飾った。大会記録の通算14アンダー。ツアー通算2勝目は初のメジャー優勝だった。

「長いコースでも、戦えたことが自信になりました。『飛ばない』ことのネガティブ思考がなくなり、それがその後の試合に繋がりました」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集