[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

35歳上田桃子、悲願のメジャー初優勝は「バチバチ意識」「ドSなピン位置も攻めます」

女子ゴルフの国内メジャー今季初戦・ワールドレディスサロンパス杯が5日、茨城GC西C(6680ヤード、パー72)で開幕する。練習日の3日には、35歳の上田桃子(ZOZO)が会見。悲願のメジャー初優勝について「バチバチ意識しています」と表現し、「ドSなピン位置も攻めます」と宣言した。

練習ラウンドで笑顔を見せる上田桃子【写真:Getty Images】
練習ラウンドで笑顔を見せる上田桃子【写真:Getty Images】

5日から今季国内女子メジャー初戦・ワールドレディスサロンパス杯

 女子ゴルフの国内メジャー今季初戦・ワールドレディスサロンパス杯が5日、茨城GC西C(6680ヤード、パー72)で開幕する。練習日の3日には、35歳の上田桃子(ZOZO)が会見。悲願のメジャー初優勝について「バチバチ意識しています」と表現し、「ドSなピン位置も攻めます」と宣言した。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 上田は「優勝」しか考えていない。会見の冒頭、自身が国内メジャー出場50試合目で勝てば、最も時間のかかったメジャー優勝者になることを伝えられると、「正直、そんなに頑張ったのかという思いと、そんなに出ていて、勝てていないのかという思いになりました」と返した。

「国内メジャー初優勝」は上田の悲願だ。ツアー17勝の実績はあるが、メジャーになるとチャンスを逃してきた。11年のワールドレディスサロンパス杯では、首位スタートの最終日に伸ばせず4位で終了。開催コースは今回と同じ茨城GC西Cだった。上田は懐かしそうに振り返った。

「18番ホールの第2打地点で母の姿が見えて、キャディーさんが『母の日のプレゼントで最後、決めようよ』とあおってくれました。それで私がピンそばにつけてバーディーを奪ったのを思い出します。負けたけど、母も喜んでくれました」

 ただ、もう2位以下はいらない。今季は当初から「メジャーに向けて調整していく」と宣言。ドローヒッターでありながら、フェード打ちを習得したのもそのためだ。

「私はメジャー優勝をバチバチ意識しています。いろんなタイプの選手がいますが、私は目標に向かってまっすぐに行動してきた方が、納得できることが分かってきました。意識したから緊張するタイプではないですし、気持ちのまま意識したいです」

 言葉通り、4月の富士フイルム・スタジオアリス女子オープン最終日では、「絶対に勝つ」と思いながら18ホールをプレーして逆転優勝。1番パー5では、左足下がりからの第2打でフェードを打ち、グリーン右奥に切られていたピンの上4メートルにつけてイーグルを奪った。その自信も踏まえて、上田は言った。

「今回も厳しいセッティングになると思いますが、ドSなピン位置ならそこを攻めていきたいです。優しくバーディーを取れそうなところに切られていたら、『ありがとうございます』と思いながら、取りに行きます」

 今大会も最終日は「母の日」。上田は今度こそ、自分の全てを懸けて優勝杯をつかみ、母に見せるつもりだ。

(THE ANSWER編集部・柳田 通斉 / Michinari Yanagida)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集