[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ドネア「イノウエは最高のファイターだが…」 再戦勝利に自信の根拠「私の方が成長」

ボクシングのWBC世界バンタム級王者ノニト・ドネア(フィリピン)は6月7日、さいたまスーパーアリーナでWBAスーパー&IBF同級王者・井上尚弥(大橋)との王座統一戦に挑む。39歳を迎えたフィリピンの閃光だが、判定負けに終わった前回2019年11月の対戦以降、「私の方が成長している」と断言。モンスター撃破に絶大な自信を示している。

WBC世界バンタム級王者ノニト・ドネア【写真:Getty Images】
WBC世界バンタム級王者ノニト・ドネア【写真:Getty Images】

6月に日本で再戦、前回は「途轍もない死闘だった」

 ボクシングのWBC世界バンタム級王者ノニト・ドネア(フィリピン)は6月7日、さいたまスーパーアリーナでWBAスーパー&IBF同級王者・井上尚弥(大橋)との王座統一戦に挑む。39歳を迎えたフィリピンの閃光だが、判定負けに終わった前回2019年11月の対戦以降、「私の方が成長している」と断言。モンスター撃破に絶大な自信を示している。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 ドネアは米ボクシング専門YouTubeメディア「ファイトハブTV」に登場。「ドラマ・イン・サイタマ」と呼ばれるほどの名勝負となった「ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)」頂上決戦以来となる井上との戦いについてこう語っている。

「イノウエとは途轍もない死闘だったけれど、リングから降りた瞬間に感じたことは、彼を倒せた、ということ。だから、私はWBC(世界王座)を獲得し、現在の立場にたどり着いた。ハードなトレーニングを重ねて、集中力を高めてきた。自分の心の中にあるのはこの男、この青年を倒すということだ。彼は途轍もない、信じられないぐらい最高のファイターだが、私は準備できている。指数関数的に100%、以前の自分自身より向上している」

 コロナ禍などでマッチメークに苦しんできたドネアだが、不惑を前に健在ぶりを示している。昨年5月にノルディ・ウーバーリ(フランス)を4回TKOで倒し、WBCのベルトを奪うと、12月には実力者レイマート・ガバリョ(フィリピン)相手に4回KO勝利を飾っている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集