[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

投手に“誤審を謝罪” MLB球審の仕草に米メディア注目「万国共通の『俺が悪い』だ」

2日(日本時間3日)に行われた米大リーグの試合で、球審が見せた仕草に注目が集まっている。微妙なコースをボールと判定したチャド・フェアチャイルド球審が、投球したメッツのクリス・バシット投手に送ったポーズを米メディアは「謝罪」と伝えている。

7回3失点で負け投手となったメッツのクリス・バシット【写真:AP】
7回3失点で負け投手となったメッツのクリス・バシット【写真:AP】

メッツ投手に送られた仕草とは

 2日(日本時間3日)に行われた米大リーグの試合で、球審が見せた仕草に注目が集まっている。微妙なコースをボールと判定したチャド・フェアチャイルド球審が、投球したメッツのクリス・バシット投手に送ったポーズを米メディアは「謝罪」と伝えている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 ブレーブス戦の5回2死、バシットは打席のダンズビー・スワンソンを2-2と追い込み、直球を投じた。見逃し三振を確信したバシットはマウンドを降りるが、判定はボール。少し驚いた様子だったが、特に大きく抗議することはなく、マウンドに戻っていた。

 注目されたのは、バシットがこのイニングを投げ終えた後だ。目が合ったフェアチャイルド球審は、右手をお腹の近くにポンポンと当てたのだ。これにバシットも右手でリアクション。2人で理解しあったようだ。

 このシーンについて、米全国紙「USAトゥデー」のスポーツ専門メディア「フォー・ザ・ウィン」は「チャド・フェアチャイルド球審は判定を間違えたということでクリス・バシットに謝罪」との見出しで記事を掲載した。

 記事では「バシットは判定に不満そうにしていて、球もストライクだった。しかし幸い、この回を無事に抑えたのだが、イニング間に主審がバシットに謝罪をしていたのである」と伝えている。球審のポーズについては「万国共通の『俺が悪い』というポーズをした主審にバシットも頷いていたようだった」と紹介していた。試合はメッツが2-5で敗戦。バシットは7回3失点で今季3勝2敗となった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集