[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

女子ゴルフで大ブレークした20歳西郷真央 7戦4勝の強さ自己分析「頭の中で喋ってる」

女子ゴルフの今季国内メジャー初戦・ワールドレディスサロンパス杯が5日、茨城GC西C(6680ヤード、パー72)で開幕する。4日は、今季出場7戦4勝の20歳・西郷真央(島津製作所)が会見。師匠の尾崎将司から「次はメジャー優勝」と期待されていることを受け、「早くその課題をクリアしたい」と意気込んだ。前週は首痛による欠場明けで本調子ではない中で優勝。強さの理由について「試合になると集中してミスの幅が減る」と自己分析した。

開幕前日に会場で調整した西郷真央【写真:Getty Images】
開幕前日に会場で調整した西郷真央【写真:Getty Images】

国内メジャー初戦・ワールドレディスサロンパス杯が5日開幕

 女子ゴルフの今季国内メジャー初戦・ワールドレディスサロンパス杯が5日、茨城GC西C(6680ヤード、パー72)で開幕する。4日は、今季出場7戦4勝の20歳・西郷真央(島津製作所)が会見。師匠の尾崎将司から「次はメジャー優勝」と期待されていることを受け、「早くその課題をクリアしたい」と意気込んだ。前週は首痛による欠場明けで本調子ではない中で優勝。強さの理由について「試合になると集中してミスの幅が減る」と自己分析した。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 西郷は前週のパナソニックオープンレディースで優勝した翌日から、コースでラウンドを重ねてきた。今季はツアー初優勝から7戦4勝と大ブレーク。コースの印象を聞かれると「距離が長いので、ティーショットの精度次第で難易度が変わってくると思います」と返答。前週はドライバーショットについて「原因不明の不調」と話していたが、この日は「許容範囲にはなっています。ただ、納得していません」と説明した。

「不調」でも優勝してしまう強さ。その理由を聞かれ、西郷は自己分析した。

「技術が向上した感覚はないです。ミスした時の気持ちの切り替え方が、たまたまうまくいっているのだと思います。前は優勝したいという気持ちが前に出過ぎていましたが、今は目の前のやるべきことに集中するように、頭の中で喋っています。それがいいのかと」

 さらに「勝っていることで自信はついてきたか」と問われると、「試合前日、ショットが安定しないことがあります。ただ、試合になると集中力が出てミスの幅が減ります。先週、15番(パー4)のイーグル(第2打がカップイン)はラッキーでしたが、つま先下がりから6アイアンでいいショットが打てました。ああいう繊細な動きが感覚的にできたりします」と返した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集