[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

肘を骨折させた危険ファウル 被害チームの監督怒り「意図的か不明だが、汚いプレー」

米プロバスケットボール(NBA)のウォリアーズ選手が3日(日本時間4日)、危険なファウルに見舞われた。プレーオフのカンファレンス準決勝のグリズリーズ戦。試合序盤にゲイリー・ペイトン2世がディロン・ブルックスと接触し、転倒時に左肘を骨折。相手は退場処分となった。米メディアが動画を公開する中、ウォリアーズのヘッドコーチ(HC)は「汚いプレーだ」「リーグの慣例を破った」と批判した。

NBAプレーオフでファウルを受け、痛みに悶絶するウォリアーズのゲイリー・ペイトン2世【写真:AP】
NBAプレーオフでファウルを受け、痛みに悶絶するウォリアーズのゲイリー・ペイトン2世【写真:AP】

骨折のウォリアーズ選手は精密検査へ

 米プロバスケットボール(NBA)のウォリアーズ選手が3日(日本時間4日)、危険なファウルに見舞われた。プレーオフのカンファレンス準決勝のグリズリーズ戦。試合序盤にゲイリー・ペイトン2世がディロン・ブルックスと接触し、転倒時に左肘を骨折。相手は退場処分となった。米メディアが動画を公開する中、ウォリアーズのヘッドコーチ(HC)は「汚いプレーだ」「リーグの慣例を破った」と批判した。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 試合開始からわずか3分足らずの場面だった。ペイトンは速攻で相手ペイントエリアへ走り込むと、ボールを受けてそのまま跳び上がりながらシュート。しかし、後ろから追ってきたブルックスが空中で腕を伸ばしてきた。ボールには届かず、腕が頭に直撃。バランスを崩したペイトンは着地に失敗した。左腕のつき方がまずかったようで、肘を押さえて悶絶した。ブルックスはフレグラントファウル2で一発退場となった。

 米スポーツメディア「ブリーチャー・リポート」の公式ツイッターは動画を公開。文面に「ディロン・ブルックスがGPⅡ(ペイトン)にハードなファウルをして退場に」と記すと、米ファンからは「汚いプレーだ」「なんだこれは?!」「残りの準決出場停止になるべき」「クレイジーだ」などとコメントが寄せられた。同メディアによると、ペイトンは左肘を骨折。4日(同5日)にMRIで精密検査を受けるという。

 ウォリアーズのスティーブ・カーHCはファウルに怒りを露わ。米カリフォルニア州地元局「NBCスポーツ・ベイエリア」によると、試合後の会見で「意図的だったかどうかは分からないが汚いプレーだ」「このリーグには、空中で頭を叩いたりして、選手をシーズンやキャリアの危機に追いやってはいけないという慣例がある。最終的にゲイリーの肘を折ったんだ」「彼は慣例を破った」と批判したという。

 敵地のウォリアーズが101-106で敗れ、シリーズ1勝1敗となった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集