[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ニュースの記事一覧

  • 錦織、復活の1勝は「甘美なる復讐」 “逆襲の第一歩”に欧州メディアも注目

    2018.01.31

    男子テニスの世界ランク27位・錦織圭(日清食品)は下部大会のRBCテニスチャンピオンシップス・オブ・ダラスのシングルス1回戦で214位のデニス・ノビコフ(米国)に6-3、6-3のストレート勝ち。1週間前の今季初戦で苦杯を舐めた相手に復帰後初勝利を飾り、“逆襲の第一歩”を記した日本のエースについて、欧州メディアは「ダラスで甘美なる復讐」「ベースラインでのラリーのリズムは感銘的」と特集している。

  • 「復活」と「衝撃」― ウッズ対DJ、新旧世界1位の“エース未遂”がPGA企画で対決

    2018.01.31

    米男子ゴルフのファーマーズ・インシュランス・オープン(トーリーパインズGC)で1年ぶりにツアー復帰し、23位と上々の復帰戦となった元世界ランク1位のタイガー・ウッズ(米国)。なかでも、ファンを沸かせたのは初日の16番パー3で見せた“ホールインワン未遂”だ。PGAツアー公式サイトは「必見の瞬間」という恒例企画で、現在の世界ランク1位ダスティン・ジョンソン(米国)が今年の大会で演じた伝説の“パー4エース未遂”と対決。投票を呼び掛けている。

  • 渡部暁斗、史上2人目の快挙に海外メディア絶賛「完璧なトリプルで歴史作った」

    2018.01.31

    平昌五輪開幕まで10日を切り、絶好調をキープしているのが、ノルディックスキー複合の渡部暁斗(北野建設)だ。28日(日本時間29日)のW杯(オーストリア)で自身初の3連勝を達成。五輪前に勢いに乗る日本人に対し、ヨーロッパのスポーツ専門局「ユーロスポーツ」は「アキト・ワタベは完璧なノルディック複合トリプルで歴史を作った」と特集を組み、称賛の声を送っている。

  • 安藤美姫、あの人気韓流スターと“炎の2ショット”公開「日本語も堪能で…」

    2018.01.31

    フィギュアスケートで2度の五輪に出場した安藤美姫さんがインスタグラムを更新。29日に平昌五輪の聖火ランナーを務めたことを報告し、同じく大役を務めた俳優、チャン・グンソクとの2ショットを公開。トップスケーターと韓流スターのコンビに反響を呼んでいる。

  • 「ケイは不在、リーダーはスギタ」 錦織不在も日本代表を敵国メディアは警戒

    2018.01.31

    テニスの国別対抗戦デビスカップが2月2日に開幕する。1回戦で日本代表は岩手・盛岡市内でイタリア代表と激突する。右手首の負傷から完全復活を目指す世界ランク27位の日本のエース、錦織圭(日清食品)は欠場となるが、イタリアメディアは41位の杉田祐一(三菱電機)を「リーダー」「ハードコードで雄弁に表現する」と警戒している。

  • 曲がりすぎの衝撃 17歳の“CG級バナナシュート”に海外も大絶賛「異次元なカーブ」

    2018.01.31

    海外サッカーの名門に所属する17歳が芸術的なカーブをかけたゴラッソを炸裂。“超絶バナナシュート”の瞬間をクラブ公式ツイッターが公開し、ファンに「CGじゃないのか!?」「メッシも二度見するだろう」と驚愕が広がっていたが、反応は海外メディアに拡大。「開いた口が塞がらないほど異次元なカーブ」「全くもって信じられない驚愕のゴール」と大絶賛している。

  • 錦織、あるべき“本当の姿”へ 現地紙に語った完全復活への道筋「あと数週間で…」

    2018.01.31

    男子テニスの世界ランク27位・錦織圭(日清食品)は下部大会のRBCテニスチャンピオンシップス・オブ・ダラスのシングルス1回戦で214位のデニス・ノビコフ(米国)を6-3、6-3のストレート勝ち。復帰後初勝利を飾った日本のエースは「懸命に励み続けていく」と前を向いている。地元紙「ダラス・モーニング・ニュース」が報じている。

  • 錦織、注目度はダル&大谷超え? 現地フィーバーを米特集「2人も彼には及ばない」

    2018.01.30

    男子テニスの世界ランク27位・錦織圭(日清食品)は下部大会のRBCテニスチャンピオンシップス・オブ・ダラスのシングルス1回戦で214位のデニス・ノビコフ(米国)を6-3、6-3のストレート勝ち。復帰後初勝利を飾った。調整による参戦により、下部大会に報道陣が殺到したことに地元紙も注目。「ダルビッシュ、オオタニの両者は彼には及ばない」と錦織の注目ぶりを伝えている。

  • フェデラー、“王者の男泣き”にやまない反響 ATP公式「頂に返り咲く次回予告だ」

    2018.01.30

    ロジャー・フェデラー(スイス)の連覇で幕を閉じたテニスの全豪オープン。ATP公式サイトでは「今大会の5大トピックス」を公開し、フェデラーの偉業をピックアップ。世界に感動を呼んだ“王者の男泣き”を名シーンについて「頂の座に返り咲く必見のストーリー展開の次回予告だ」と言及している。

  • ボルト、サッカー転向に本腰!? 強豪クラブ練習参加が話題「マンU移籍の足がかりに」

    2018.01.30

    陸上選手を引退し、サッカー転向も目指している“人類最速男”ウサイン・ボルト(ジャマイカ)が南アフリカのクラブチーム、マメロディ・サンダウンズFCの練習に参加。ボールを蹴るなど、本格的なサッカーの練習に参加する姿を、同チームの公式ツイッターが「さぁ練習開始だ! 世界最速の男はリーグで最強の攻撃力を誇るチームに遅れずについてこられるか?」として、動画でアップしている。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集