[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、自ら上げたMVP受賞への“ハードル”を米記者指摘「簡単に言っちゃダメ」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手の2年連続MVP受賞はあるのか。ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手は、55本塁打でア・リーグ記録61本を塗り替える勢い。しかし、米記者はジャッジの存在以外に大谷MVPの見込みが薄くなっている理由を指摘した。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

大谷翔平とジャッジのMVP争いに米記者言及

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手の2年連続MVP受賞はあるのか。ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手は、55本塁打でア・リーグ記録61本を塗り替える勢い。しかし、米記者はジャッジの存在以外に大谷MVPの見込みが薄くなっている理由を指摘した。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 大谷は今季11勝8敗、181奪三振、防御率2.58の一方、打者としても打率.267、33本塁打、86打点をマーク。しかし、ジャッジも破竹の勢いで打ち続け、1961年にロジャー・マリスがマークしたア・リーグ記録61本の更新が期待されている。

 根強い大谷派のファンも多くいる一方で、ヤンキースが首位、エンゼルスが下位に低迷することなどを理由に、ここまで米メディアや識者の間ではジャッジ優勢の声が多い。そんな中、米スポーツ専門局「CBSスポーツ」のダニー・ヴィエッティ記者はこんなツイートをした。

「私が聞いたことがある最も良くない議論は『ショウヘイ・オオタニは毎年防御率3.00と30本塁打を記録する。そして、毎年ア・リーグMVPだ。誰もチャンスがない』というものだ。これは両方の偉業が簡単に聞こえてしまう。防御率3.00の先発投手はエリートで、トップ5に入る実力。30本塁打の打者はトップ10に入る」

 防御率3.00、30本塁打はどちらも一流プレーヤーのレベルだが、投打合わせた紹介に慣れてしまうことを懸念しているようだ。さらに別のツイートでは、“偉業慣れ”についてこうつづっている。

「もしオオタニが防御率4.00、本塁打20本だったら、それでも信じられないほど素晴らしい価値があるのに、彼はMVPになれないだろう。それは間違っている。言うまでもなく、盗塁やOPS、奪三振の数は考慮に入っていないだろう」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集