[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、自ら上げたMVP受賞への“ハードル”を米記者指摘「簡単に言っちゃダメ」

大谷は自らハードルを上げた?

 持論を展開したヴィエッティ記者。2021年に9勝、46本塁打など歴史的活躍を見せ、MVPを獲得した大谷は、自ら“ハードルを上げた”と指摘しているようだ。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

「オオタニの2021年の成績は基準にはならない。46本塁打、防御率3.18は間違いなくMLB史上最高のシーズンだ。もし、あなたがジャッジをMVPに推しても、その意見を尊重する。しかし、簡単に『防御率3.00&本塁打30本』とは言ってはいけない。オオタニにとってもそれは正気の沙汰ではない」

 いかに難しいことを成し遂げているのかを強調。残り少ないシーズンでMVP論争の行方に変化が生まれるのだろうか。

(THE ANSWER編集部)



1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集