[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

22歳菅沼菜々が首位堅守 歴代最多勝キャディーの“和ませ術”に感謝「靴下の穴を…」

女子ゴルフの国内メジャー・日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯第2日が9日、京都・城陽CC(6555ヤード、パー72)で行われた。単独首位で出た22歳の菅沼菜々(あいおいニッセイ同和損保)は3バーディー、1ボギーの70で回り、通算9アンダー。山下美夢有、川岸史果(ともに加賀電子)と並ぶ首位を堅守した。65で回った初日のようなバーディーラッシュはなかったが、堅実にスコアアップ。会見では、コンビを組む清水重憲キャディーが体を張って笑わせてくれたことも明かし、感謝を示した。

通算9アンダーで初日から首位を堅守した菅沼菜々【写真:Getty Images】
通算9アンダーで初日から首位を堅守した菅沼菜々【写真:Getty Images】

日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯第2日

 女子ゴルフの国内メジャー・日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯第2日が9日、京都・城陽CC(6555ヤード、パー72)で行われた。単独首位で出た22歳の菅沼菜々(あいおいニッセイ同和損保)は3バーディー、1ボギーの70で回り、通算9アンダー。山下美夢有、川岸史果(ともに加賀電子)と並ぶ首位を堅守した。65で回った初日のようなバーディーラッシュはなかったが、堅実にスコアアップ。会見では、コンビを組む清水重憲キャディーが体を張って笑わせてくれたことも明かし、感謝を示した。

【注目】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 ラウンドを終えた菅沼は納得していた。

「7アンダーが出た次の日はこんな感じかなと。今日は『イーブンで良し』と思っていましたが、(スコアが)へこんだ(アンダーで回れた)ので良かったです」

 男女ツアー歴代最多39勝(非公認)を挙げた清水キャディーからは、「今日も最終日の気持ちで」と言われていた。菅沼は前週までの今季最終ラウンド(R)平均ストロークは69.2328で全選手中1位。そのマインドを持つように言われ、初日はハイスコアをマークした。しかし、メジャー設定のコースだけに甘くはない。最終9番で2メートルのバーディーチャンスを外すなど、パットが思うように決まらなかった。

 一方、清水キャディーは雰囲気作りも欠かさなかった。菅沼が笑いながら証言した。

「靴下に穴が空いていたので見せてきたり(笑)。ずっと、パーが続いていてなかなかバーディーが来ない時にも、そんな感じで面白い話をしてくれるので、いい気分転換になりました」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集