[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

1番浅野翔吾、2安打2打点の躍動をWBSC公式も称賛「日本のリードオフマンが攻撃牽引」

野球の「第30回WBSC U18ベースボールワールドカップ(W杯)」は9日(日本時間10日)、米フロリダ州ブラデントンで開幕し、1次ラウンド初戦で日本はイタリアに6-0で快勝した。WBSC公式サイトは2安打2打点2得点と躍動した1番・浅野翔吾外野手(高松商3年)を「日本のリードオフマンが攻撃を牽引」と称賛した。

1番・左翼で2安打2打点をマークして白星発進に貢献した高松商・浅野翔吾【写真:Getty Images】
1番・左翼で2安打2打点をマークして白星発進に貢献した高松商・浅野翔吾【写真:Getty Images】

初戦イタリア戦に6-0の快勝

 野球の「第30回WBSC U18ベースボールワールドカップ(W杯)」は9日(日本時間10日)、米フロリダ州ブラデントンで開幕し、1次ラウンド初戦で日本はイタリアに6-0で快勝した。WBSC公式サイトは2安打2打点2得点と躍動した1番・浅野翔吾外野手(高松商3年)を「日本のリードオフマンが攻撃を牽引」と称賛した。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 初回先頭で二塁打を放ち、先制のホームを踏んだ浅野。2回1死満塁の第2打席では2-0から低めの球をすくい上げると左翼前に運び、追加点となる2点適時打。今度はポイントゲッターの役割を果たし、高松商と変わらない1番打者として躍動した。

 高校通算67本塁打の打棒でチームを引っ張った浅野にWBSCも注目。公式サイトで「日本のリードオフマン、ショウゴ・アサノが4打数2安打、2打点、2得点で攻撃を牽引」と称賛した。また共に3回4奪三振の先発・生盛亜勇太(興南3年)と2番手川原嗣貴(大阪桐蔭3年)の好投も伝えていた。

 初戦で投打が噛み合い、快勝した侍ジャパン。2戦目は10日(同11日)にメキシコと対戦する。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集