[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平の34号阻んだ敵地フェンスに日本人悲鳴 直撃二塁打も「球場が違ったら本塁打」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は9日(日本時間10日)、敵地アストロズ戦に「3番・指名打者」で先発出場。4回の第2打席で本塁打まであと1メートルという左翼フェンス直撃の二塁打を放った。

アストロズ戦の第2打席で二塁打を放つ大谷翔平【写真:ロイター】
アストロズ戦の第2打席で二塁打を放つ大谷翔平【写真:ロイター】

4回にあと1メートルで本塁打というフェンス直撃二塁打

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は9日(日本時間10日)、敵地アストロズ戦に「3番・指名打者」で先発出場。4回の第2打席で本塁打まであと1メートルという左翼フェンス直撃の二塁打を放った。

 あと1メートル足りなかった。0-0の4回1死、大谷はカウント2-2から右腕マカラーズJr.の外角スライダーをレフトに弾き飛ばした。逆方向にも関わらず、ぐんぐん伸びる打球。34号か。マカラーズJr.は覚悟したのか、マウンドでしゃがみこんで振り返った。しかし、高い左翼フェンス最上部付近に当たり、サク越えはならず。悠々の二塁打となったが、惜しい一打だった。

 アストロズの本拠地ミニッツメイドパークは右翼に比べて左翼が狭い、いびつな構造。その分、左翼フェンスが高く、泣かされる形に。ツイッター上では日本人ファンから「ミニッツメイドパーク レフトフェンス高すぎる」「レフトあと1m」「惜しい!」「一瞬、入ったと思った」「球場が違ったらホームランだった」と恨めしい声が上がる一方で「軽々とフェン直かます大谷さん凄すぎ」と好調な打棒に驚く声もあった。

 後続が倒れ、試合は0-0のまま5回に入っている。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集