[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、ヤ軍エースに「今夜最悪の直球」と言わしめた1打席 劇的V弾に味方も唖然【9戦6発の衝撃】

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は8月28日(日本時間29日)から出場9試合で6本塁打と量産した。9月8日(同9日)は試合がなかったが、この期間の名珍場面を「9戦6発の衝撃」として振り返る。MVP争いを繰り広げるヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手との直接対決では、8月31日(9月1日)にエース右腕ゲリット・コールから30号逆転3ランで3-2の勝利に導く活躍。味方投手や少年ファンも唖然とする中、コールは「今夜最悪の直球だ」と振り返っていた。

30号を放ちガッツポーズするエンゼルスの大谷翔平(後ろはヤンキースのゲリット・コール)【写真:ロイター】
30号を放ちガッツポーズするエンゼルスの大谷翔平(後ろはヤンキースのゲリット・コール)【写真:ロイター】

9戦6発と量産した大谷の名珍場面を振り返る

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は8月28日(日本時間29日)から出場9試合で6本塁打と量産した。9月8日(同9日)は試合がなかったが、この期間の名珍場面を「9戦6発の衝撃」として振り返る。MVP争いを繰り広げるヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手との直接対決では、8月31日(9月1日)にエース右腕ゲリット・コールから30号逆転3ランで3-2の勝利に導く活躍。味方投手や少年ファンも唖然とする中、コールは「今夜最悪の直球だ」と振り返っていた。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

〇被弾したヤ軍エースは反省「今夜最悪の直球だ」

 大谷は本拠地ヤンキース戦に「3番・DH」で先発。0-2の6回1死一、二塁。コールの157キロが甘く入った。大谷は逃さない。とらえた打球は中越えの逆転3ランだ。一塁ベース付近で右手を突き上げ、渾身のガッツポーズ。球界を代表する選手同士が見応えのある名勝負を繰り広げた。

 ニューヨークの中継局「YESネットワーク」の解説者、ジャック・カリー氏は、ツイッターでコールのコメントを紹介。打たれた球について、「今夜最悪の直球だった」「酷いコースに投げてしまった」と語ったという。同局公式ツイッターもコールのインタビュー動画を公開。6回はエラー絡みの失点になったが、影響については「そうでもない」と言い訳せず。大谷の一発は「もう少し(外角に)外したかった。バッドミスだ」と明かしていた。

〇劇的30号に味方の先発投手「正気の沙汰じゃない」

 大谷がコールから放った逆転3ラン。見守っていたエンゼルス先発のパトリック・サンドバル投手も唖然としていたようだ。米地元紙「オレンジカウンティ・レジスター」は同投手のコメントを紹介。「あの本塁打は非常に助かった。俺に勇気を与えてくれた。ダグアウトにも」と称賛したという。

 サンドバルは7回3安打2失点の粘投。大谷に5勝目をプレゼントしてもらい、「あの男はすごい価値をチームにもたらしてくれる。おかしすぎるよ。防御率は2点台で本塁打は30本。もう彼はユニコーンだよね。正気の沙汰じゃない」と唸った様子のコメントを残していた。

〇生観戦していた少年の反応に「表情最高だ」の声

 驚きを隠せなかったようなリアクションだ。大谷の打球は中堅方向へ……これを観客席から見つめていた丸刈りの少年ファンは、グローブ片手に口をあんぐりと開けた。逆転の30号3ランが決勝点になった。

 試合を中継した米カルフォルニア州中継局「バリースポーツ・ウェスト」公式ツイッターは、少年の姿を動画で公開。「ショウヘイ・オオタニがショウヘイ・オオタニをやった時のあなたの表情」と文面で伝えた。中継では、同局の解説を務めるマーク・グビザ氏が「少年の表情最高だ。『オーマイガー』」と伝えていた。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集