[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ギジェルモ・リゴンドーの記事一覧

  • 井上尚弥&ドネアへ リゴンドーは“上から”挑発「ヤツらが私と戦いたいかどうか」

    2020.06.15

    ボクシングのWBA世界バンタム級正規王者ギジェルモ・リゴンドー(キューバ)はWBAスーパー&IBF王者の井上尚弥(大橋)と元5階級制覇王者のノニト・ドネア(フィリピン)を挑発。「誰もが見たいと願うファイトの実現がここまで複雑なのか理解に苦しむ」と挑戦状を突きつけている。米メディア「ボクシングシーン.com」が「リゴンドーがイノウエとドネアに。私が彼らを求める? ヤツらが私とやりたいか、だ」と題した記事で報じている。

  • 井上尚弥戦熱望のリゴンドー 39歳がバンタム級No.1を宣言「俺は終わっちゃいない」

    2020.05.23

    ボクシングのWBA世界バンタム級正規王者ギジェルモ・リゴンドー(キューバ)が、実力者ひしめくバンタム級でNo.1になることを宣言している。「パウンド・フォー・パウンド(PFP)のチャンピオンになる」と発言。バンタム最強の称号を手にした後、かつて最強王者として君臨した1つ上のスーパーバンタム級に戻る方針を明らかにした。米地元紙「エル・ヌエボ・ヘラルド」が報じている。

  • ドネアの左が当たらない 挑発続けるリゴンドーの“神防御”に称賛の嵐「達人の域だ」

    2020.05.13

    WBA世界バンタム級王者ギジェルモ・リゴンドー(キューバ)と元世界5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)は、2013年4月に拳を交えたことがある。WBC公式インスタグラムは、判定勝ちを収めたリゴンドーが巧みなディフェンスを見せる動画を公開すると、ファンから「達人の域」「素晴らしいスキルだ」と称賛の声が相次いでいる。

  • 井上尚弥戦は後回し? リゴンドーが“逆3階級制覇”狙うと米報道「Sフライ級で…」

    2020.03.05

    ボクシングのWBA世界バンタム級正規王者ギジェルモ・リゴンドー(キューバ)が、階級を下げて“逆3階級制覇”を狙う可能性が浮上している。WBAスーパー&IBF王者・井上尚弥(大橋)との対戦を熱望していた39歳。大ベテランがスーパーフライ級に下げることを米メディアが報じている。

  • 井上尚弥VSリゴンドーをリング誌編集長が熱望 「正当」と予想した結果はやっぱり?

    2020.02.11

    ボクシングの元WBAスーパー&WBO世界スーパーバンタム級統一王者ギジェルモ・リゴンドー(キューバ)は8日(日本時間9日)、米ペンシルバニア州アレンタウンで行われたWBA世界バンタム級正規王座決定戦でリボリオ・ソリス(ベネズエラ)と激突。2-1の判定勝ちで2階級制覇を達成した。米専門誌「ザ・リング」のダグラス・フィッシャー編集長は健在ぶりを見せたリゴンドーとWBAスーパー王者の井上尚弥(大橋)との対戦を熱望した上で「モンスターの正当なKO勝ち」を予想している。

  • 王者リゴンドー、「2-1判定勝ち」に米記者疑問視「1人が相手勝利?どういうこと?」

    2020.02.10

    ボクシングの元WBAスーパー&WBO世界スーパーバンタム級統一王者ギジェルモ・リゴンドー(キューバ)は8日(日本時間9日)、米ペンシルバニア州アレンタウンで行われたWBA世界バンタム級正規王座決定戦でリボリオ・ソリス(ベネズエラ)と激突。2-1の判定勝ちで2階級制覇を達成したが、米名物記者はソリス勝利と判定したジャッジに「どういうことだ?」と疑問を呈している。

  • 井上尚弥が強すぎるせい? リゴンドーの世界戦を米メディア酷評「ゴミスケジュール」

    2020.02.05

    ボクシングの元WBAスーパー&WBO世界スーパーバンタム級統一王者ギジェルモ・リゴンドー(キューバ)は、8日(日本時間9日)に昨年12月に中止となったリボリオ・ソリス(ベネズエラ)とWBA世界バンタム級正規王座決定戦で激突する。米ボクシング専門メディア「ボクシングシーン.com」では「みんなの愛するリゴンドー」と評価する一方で、かつての五輪連覇王者のタイトルマッチを「ゴミ」と酷評。不名誉な評価の裏にはWBAスーパー&IBF世界同級王者・井上尚弥(大橋)の影響もあるという。

  • 39歳リゴンドーが戦う意外な理由 病の啓発が原動力「俺は自閉症の子を持つ親だ」

    2020.02.04

    ボクシングの元WBAスーパー&WBO世界スーパーバンタム級統一王者ギジェルモ・リゴンドー(キューバ)は、8日(日本時間9日)に昨年12月に中止となったリボリオ・ソリス(ベネズエラ)とのWBA世界バンタム級正規王座決定戦を予定している。39歳になっても戦い続けるかつての最強ボクサー。世界王座返り咲きを狙う姿の裏には、自閉症を患う息子のために戦うという大きな理由があった。米興行大手「PBC」が公式サイトで記事を掲載している。

  • 井上尚弥戦は「実現しないわけがない」 リゴンドーが対戦確信、ドネアの死闘に刺激

    2020.01.15

    ボクシングの元WBAスーパー&WBO世界スーパーバンタム級統一王者ギジェルモ・リゴンドー(キューバ)は、昨年12月に中止となったリボリオ・ソリス(ベネズエラ)とのWBA世界バンタム級正規王座決定戦が2月8日開催で決定的となっている。一方で、熱望するWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)との一戦について「実現しないわけがない」と豪語。米地元紙「エル・ヌエボ・ヘラルド」が報じている。

  • 井上尚弥戦熱望のリゴンドー 「重大な問題」を米メディア指摘「過去3年間で…」

    2020.01.09

    ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)の対戦候補に海外メディアで取り沙汰されている元五輪連覇王者のギジェルモ・リゴンドー(キューバ)。昨年12月に中止となっていたリボリオ・ソリス(ベネズエラ)とのWBA世界バンタム級正規王者決定戦が2月8日に開催と報じられる一方で、米地元紙はプロとしてバンタム級で初舞台を迎える39歳の猛者が抱える「重大な問題」を指摘している。

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集