[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

42歳リゴンドー、70秒KOの3年ぶり勝利に日本人感慨「これまでの苦労考えると嬉しい」

ボクシングの元世界2階級制覇王者ギジェルモ・リゴンドー(キューバ)が24日(日本時間25日)、米フロリダ州ハイアリアで3年ぶりの勝利を飾った。昨年2月に2連敗した後、圧力鍋の爆発事故で右目の視力を80%を喪失。以降は回復し、ヘスス・マルティネス(コロンビア)に初回KO勝ちを飾った。日本人ファンは「視力戻ったのかな」「人生壮絶」と注目している。

ギジェルモ・リゴンドー【写真:Getty Images】
ギジェルモ・リゴンドー【写真:Getty Images】

リゴンドーが1年ぶり再起戦で勝利

 ボクシングの元世界2階級制覇王者ギジェルモ・リゴンドー(キューバ)が24日(日本時間25日)、米フロリダ州ハイアリアで3年ぶりの勝利を飾った。昨年2月に2連敗した後、圧力鍋の爆発事故で右目の視力を80%を喪失。以降は回復し、ヘスス・マルティネス(コロンビア)に初回KO勝ちを飾った。日本人ファンは「視力戻ったのかな」「人生壮絶」と注目している。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 42歳のリゴンドーが前に出た。バンタム級ノンタイトル10回戦。開始からプレッシャーをかけ、手数を増やす。わずか20秒ほどでダウンを奪った。再開後も相手を後退させ、最後はワンツーが炸裂。約70秒で決着した。

 マルティネスは33勝(16KO)18敗1分けの42歳。リゴンドーは再起戦だっただけに、強いとは言えない相手だったが、大事な復帰を飾った。ツイッター上の日本人ファンからは「これまでの苦労考えると嬉しい」「勝ったみたいでよかった」「視力戻ったのかな」「試合出来るまで復活したの凄いな」「リゴンドー復活とか感動的だなぁ。この人の人生ほんと壮絶」と感慨にふける様子のコメントが上がった。

 巧みなアウトボクシングスタイルやカウンターなどを駆使し、スーパーバンタム級で一時代を築いたリゴンドー。2021年8月のジョンリエル・カシメロ(フィリピン)戦で判定負けを喫すると、昨年2月にもビンセント・アストロラビオ(フィリピン)に8回にダウンを奪われ、判定で痛い連敗を喫した。

 さらに同3月に調理中だった圧力鍋の爆発事故で右目の視力を80%喪失。リハビリを乗り越え、リングに立った。最後の勝利は2020年2月8日だった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集