[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

カシメロ戦を熱望 試合枯れの40歳リゴンドーが闘志「俺にとってもってこいの相手だ」

ボクシングのWBA世界バンタム級正規王者ギジェルモ・リゴンドー(キューバ)が、WBO同級王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)との戦いを熱望している。2月に王座を獲得して以降、試合がない状態が続いている40歳は「俺にとってもってこいの相手なんだ」と語っているという。米メディア「ボクシングシーン.com」が報じている。

ギジェルモ・リゴンドー【写真:Getty Images】
ギジェルモ・リゴンドー【写真:Getty Images】

2月にWBA正規王座獲得のリゴンドー、カシメロを「尊敬している」

 ボクシングのWBA世界バンタム級正規王者ギジェルモ・リゴンドー(キューバ)が、WBO同級王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)との戦いを熱望している。2月に王座を獲得して以降、試合がない状態が続いている40歳は「俺にとってもってこいの相手なんだ」と語っているという。米メディア「ボクシングシーン.com」が報じている。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 高いディフェンス技術を誇るリゴンドーは、空位となっていたWBA正規王座を2月に獲得。次戦はカシメロとの試合を希望しているようだ。同メディアは「リゴンドー『カシメロ戦を熱望している。俺にはもってこいだ』」と、40歳のコメントを見出しにとって記事を掲載している。

 これまでに、カシメロ陣営もリゴンドー戦をプランとして考えていると海外メディアに報じられていたが、記事によるとリゴンドーは「俺にとって(カシメロは)もってこいの相手なんだ」と話したという。

「ジムが俺の第二の故郷なんだ。呼吸と同じようにトレーニングをやらずにはいられないんだ。いつも自分の体が求めてくる。年間数日しか休まないよ」などと語っているリゴンドー。上位のベルトをWBAスーパー&IBF同級王者の井上尚弥(大橋)が持っているが、「彼(カシメロ)はWBOのベルトを持っている。だから彼に勝ってタイトルを統一したいんだ」とカシメロ戦を最優先したい考えのようだ。

 カシメロの印象については「彼は王者であり、ベテランの選手だ。俺は彼を尊敬している。でも俺は誰が相手でもリスペクトを持って戦っている」と語り、敬意を口にしながらも特別視はしていない様子。10月には次戦が決まらない状況を嘆き、「誰か手を挙げてくれ」と話したことが伝えられていたリゴンドー。念願の試合は実現するのだろうか。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集