[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

41歳リゴンドーが痛い連敗 “逃げ”持ち味も、尻もちダウンに厳しい声「引退すべき」

ボクシングの元世界2階級制覇王者ギジェルモ・リゴンドー(キューバ)が26日(日本時間27日)、UAEで行われたWBCインターナショナル・バンタム級王座決定戦10回戦に臨み、WBO10位ビンセント・アストロラビオ(フィリピン)に0-3の判定負けを喫した。8回にダウンを奪われる劣勢。昨年8月のWBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)戦に続く痛い連敗を喫した。

ギジェルモ・リゴンドー【写真:Getty Images】
ギジェルモ・リゴンドー【写真:Getty Images】

リゴンドーが連敗、8回に尻もちダウン

 ボクシングの元世界2階級制覇王者ギジェルモ・リゴンドー(キューバ)が26日(日本時間27日)、UAEで行われたWBCインターナショナル・バンタム級王座決定戦10回戦に臨み、WBO10位ビンセント・アストロラビオ(フィリピン)に0-3の判定負けを喫した。8回にダウンを奪われる劣勢。昨年8月のWBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)戦に続く痛い連敗を喫した。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 アウトボクサーのリゴンドーが捕まった。8回。踏み込んできた相手のジャブを受け、かがんだところに強烈な右を浴びた。尻もちをついてダウン。会場は大きな歓声が上がった。

 ジャッジは3者とも94-95で敗戦。41歳のリゴンドーの戦績は20勝(13KO)3敗でプロ初の連敗を喫した。前回のカシメロ戦では徹底的な“逃げ”の姿勢を貫き、海外メディアなどから批判を受けていたアウトボクサー。かつては圧倒的な強さを誇り、スーパーバンタム級で名を馳せたが、痛い連敗となった。

 今回の試合に対し、海外ファンからは「引退すべきだ…」「キャリアはこれで終わりなのでは?」「諦めた方が良い」「リゴンドーはお金が欲しいだけだろ」「リゴンドー、もういいだろ」と厳しい声が上がっている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集