[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

リゴンドー、かわし続けた判定負けに納得いかず「誰も私と戦いたくないからああなる」

ボクシングのWBO世界バンタム級タイトルマッチが14日(日本時間15日)、米カリフォルニア州カーソンで行われ、王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)が挑戦者の同級4位ギジェルモ・リゴンドー(キューバ)に2-1(116-112、117-111、113-115)で判定勝ち。4度目の防衛に成功した。戦績はカシメロが31勝(21KO)4敗、リゴンドーが20勝(13KO)2敗。敗れたリゴンドーは試合後「誰も私と戦いたくない。だからああいう戦いになる」などと振り返った。

リゴンドーはカシメロに判定負けを喫した【写真:Getty Images】
リゴンドーはカシメロに判定負けを喫した【写真:Getty Images】

WBO世界バンタム級タイトルマッチ

 ボクシングのWBO世界バンタム級タイトルマッチが14日(日本時間15日)、米カリフォルニア州カーソンで行われ、王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)が挑戦者の同級4位ギジェルモ・リゴンドー(キューバ)に2-1(116-112、117-111、113-115)で判定勝ち。4度目の防衛に成功した。戦績はカシメロが31勝(21KO)4敗、リゴンドーが20勝(13KO)2敗。敗れたリゴンドーは試合後「誰も私と戦いたくない。だからああいう戦いになる」などと振り返った。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 11月6日オープン、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」とは

 打ち合いに持ち込みたいカシメロに対し、リゴンドーはリングを大きく使って攻撃を巧みにかわし続けた。場内からブーイングも起きる中、6回終了のゴング後に見つめ合ったリゴンドーがカシメロの顔面にジャブを放ち、レフェリーから注意を受ける場面もあった。7回にはカシメロが足を止めて両手を広げ、打ち合いを誘ったがリゴンドーは応じなかった。

 試合は最後まで打ち合いらしい打ち合いは生まれず終了。判定にもつれ込んだ。最後のゴングが鳴った後は、両者が手を挙げて勝利をアピールしたが、判定は2-1でカシメロの勝利。かわし続けたリゴンドーは、納得いかない表情を浮かべた。

 試合後のリングインタビューでリゴンドーは「誰も私と戦いたくない。だからああいう戦いになる」と振り返った。パンチを44発しか当てなかったことを問われ「少ないですね。今日はそれで十分だったということです」とも語った。

 ディフェンスに徹した試合はブーイングも浴びたが「私はユニークなスタイルで戦うということです」と意に介さず。40歳のベテランだが「私はまだまだできますから、続けますよ」と意気込んだ。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集