[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥「叩きのめしたい」 V4達成のカシメロ撃破へ意欲「ファンの期待に応えたい」

ボクシングのWBO世界バンタム級タイトルマッチが14日(日本時間15日)、米カリフォルニア州カーソンで行われ、王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)が挑戦者の同級4位ギジェルモ・リゴンドー(キューバ)に2-1(116-112、117-111、113-115)の判定勝ち。4度目の防衛に成功した。戦績はカシメロが31勝(21KO)4敗、リゴンドーが20勝(13KO)2敗。WOWOWでゲスト解説を務めたWBAスーパー&IBF同級王者・井上尚弥(大橋)は「(カシメロを)叩きのめしたい」と語った。

カシメロ戦の中継で解説を務めた井上尚弥【写真:荒川祐史】
カシメロ戦の中継で解説を務めた井上尚弥【写真:荒川祐史】

WBO世界バンタム級タイトルマッチ、ゲスト解説の井上がコメント

 ボクシングのWBO世界バンタム級タイトルマッチが14日(日本時間15日)、米カリフォルニア州カーソンで行われ、王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)が挑戦者の同級4位ギジェルモ・リゴンドー(キューバ)に2-1(116-112、117-111、113-115)の判定勝ち。4度目の防衛に成功した。戦績はカシメロが31勝(21KO)4敗、リゴンドーが20勝(13KO)2敗。WOWOWでゲスト解説を務めたWBAスーパー&IBF同級王者・井上尚弥(大橋)は「(カシメロを)叩きのめしたい」と語った。

【注目】インターハイ2021「できっこないを、やる夏だ。」 インターハイ応援プロジェクト特設サイトはこちらから

 試合はカシメロが圧力をかけ、リゴンドーは間合いを取る展開。打ち合いに持ち込みたいカシメロだったが、リゴンドーはリングを大きく使って攻撃を巧みにかわし続けた。場内からブーイングも起きる中、6回終了のゴング後に見つめ合ったリゴンドーがカシメロの顔面にジャブを放ち、レフェリーから注意を受ける場面があった。7回にはカシメロが足を止めて両手を広げ、打ち合いを誘ったがリゴンドーは応じなかった。

 試合は最後まで打ち合いらしい打ち合いは生まれず終了。判定にもつれ込んだ。最後のゴングが鳴った後は、両者が手を挙げて勝利をアピールしたが、判定は2-1でカシメロの勝利。リング上で歓喜を爆発させ、リングインタビューでは「リゴンドーは終わり。次はドネア、最後に井上だ!」などと語った。

 WOWOWの解説を務めた井上は試合を振り返り、リゴンドーの戦い方に言及。「あそこまでやられたらボクシングにならない」「ここまで手を出さず足を使うとは」などとコメントした。

 今後、拳を交える可能性が高まったカシメロについては「正直この試合はカシメロ頑張れと応援していた。最後はああいう態度されたら叩きのめしたいなと。日本のファンの期待に応えたいなと」とこれまでも挑発を繰り返してきたWBO王者撃破へ意欲をのぞかせた。

 さらに「現時点ではドネアとの交渉中ですけど、いち早くカシメロとやりたいなと」とWBC王者ノニト・ドネア(フィリピン)との再戦へ向けて交渉中であることを認めつつ、「倒します。問答無用で倒します。カシメロが結果的に勝った。近いうちに戦うと思うので、楽しみにしてもらえたら」と闘志を掻き立てられたようだ。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集