[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

カシメロ、倒れたリゴンドーへの連続攻撃に米記者は指摘「賢明じゃない」「おいおい」

ボクシングのWBO世界バンタム級タイトルマッチが14日(日本時間15日)、米カリフォルニア州カーソンで行われ、王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)が挑戦者の同級4位ギジェルモ・リゴンドー(キューバ)に2-1の判定勝ち。4度目の防衛に成功した。初回、スリップしたリゴンドーへ、カシメロが容赦なくパンチを叩き込む場面も。実際の映像がSNS上に公開され、米記者も「賢明じゃない」「おいおい」などと反応していた。

カシメロは倒れた相手にも攻撃の手を緩めなかった【写真:Getty Images】
カシメロは倒れた相手にも攻撃の手を緩めなかった【写真:Getty Images】

WBO世界バンタム級タイトルマッチでカシメロは判定勝ち

 ボクシングのWBO世界バンタム級タイトルマッチが14日(日本時間15日)、米カリフォルニア州カーソンで行われ、王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)が挑戦者の同級4位ギジェルモ・リゴンドー(キューバ)に2-1の判定勝ち。4度目の防衛に成功した。初回、スリップしたリゴンドーへ、カシメロが容赦なくパンチを叩き込む場面も。実際の映像がSNS上に公開され、米記者も「賢明じゃない」「おいおい」などと反応していた。

【注目】インターハイ2021「できっこないを、やる夏だ。」 インターハイ応援プロジェクト特設サイトはこちらから

 初回、頭を下げてパンチをかわそうとしたリゴンドー。膝と片手をついてマットに伏し、レフェリーが遅れてスリップを告げた。その間、カシメロは倒れた相手にも攻撃の手を緩めない。顔面目掛けて右の拳を振り回し続け、ダウンと勘違いしたのか右手を上げて笑顔も見せた。リゴンドーは両手を広げ、納得いかない表情だ。

 実際の映像を米興行大手「プレミア・ボクシング・チャンピオンズ(PBC)」公式ツイッターが公開しているが、米記者たちも反応した。米専門誌「ザ・リング」のライアン・ソンガリア記者は「カシメロが初回にリゴンドーからダウンを奪うもレフェリーはダウン判定せず。カシメロは彼が倒れている間に3度殴った。賢明じゃない」とツイッターに記した。

 また米専門メディア「ボクシングシーン.com」のクリフ・ロルド記者は「彼(レフェリー)はリゴンドーが倒れているときにカシメロが3度ほど殴るのを止めなかった。おいおい」とツイート。レフェリーがスリップを告げるのが遅れたことで生まれたシーンでもあるが、倒れた相手への攻撃を指摘していた。

 この試合は前に出るカシメロに対し、リゴンドーがかわし続けたことで場内からブーイングも度々発生。判定にもつれ込んだものの、カシメロが勝利をつかんだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集