[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

視力を80%失った41歳リゴンドー 9月再起戦へ、陣営「左目は100%回復。右は50%だ」

ボクシングの元世界2階級制覇王者ギジェルモ・リゴンドー(キューバ)が、9月の再起戦を見据えている。3月初めに調理中だった圧力鍋の爆発事故が原因で視力を80%を失った41歳。陣営は「左目の視力を100%回復した。右はまだ苦労しており、50-60%だ」と語った。

ギジェルモ・リゴンドー【写真:Getty Images】
ギジェルモ・リゴンドー【写真:Getty Images】

リゴンドーが再起へ

 ボクシングの元世界2階級制覇王者ギジェルモ・リゴンドー(キューバ)が、9月の再起戦を見据えている。3月初めに調理中だった圧力鍋の爆発事故が原因で視力を80%を失った41歳。陣営は「左目の視力を100%回復した。右はまだ苦労しており、50-60%だ」と語った。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 9月に42歳になる大ベテランについて、米専門メディア「ボクシングシーン.com」が報じた。「ギジェルモ・リゴンドーは9月までに試合をすることに向け、いまだ回復中」の見出しで記事を掲載。「リゴンドーのマネージャー、アレックス・ボルノテ氏はリゴンドーがいまだキャリアを続けたいと熱望していることを明かした」とつづった。

 リゴンドーは3月に米マイアミの自宅で料理をしていた時、圧力鍋から吹き出した中身を顔に受けた。記事では「目の怪我は良くなってきており、リゴンドーは9月までに再び試合をしたいと希望している」と説明。ボルノテ氏がこう語っているという。

「彼はすでに左目の視力を100%回復した。右はまだ苦労しており、50-60%だ。でも、我々は9月までに準備が整うことを祈っているよ」「彼は試合がしたいと言っている。良いキャンプを過ごして準備をしないといけないとね。前回の試合は良い準備ができていなかったと言っていた」

 巧みなアウトボクシングスタイルで圧倒的な強さを誇り、スーパーバンタム級で一時代を築いた。2月にWBCインターナショナル・バンタム級王座決定戦10回戦に臨み、WBO10位ビンセント・アストロラビオ(フィリピン)に8回にダウンを奪われるなど0-3の判定負け。昨年8月のWB世界O同級王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)戦に続くプロ初の連敗だった。

 ボルノテ氏は「彼は常に試合を支配できると信じている。でも、彼は特定のパンチを出さない。だから、我々は不満をためるわけだけど。カシメロの試合では、3つか4つ多くパンチを出していれば勝てたかもしれない。ダウンの後の全ラウンドで勝ちに行ったが、体調が良くなかったと言っている。それでパンチが出なかったと」と振り返っている。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集