[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

42歳リゴンドー、強烈左ボディーで7歳下をKO 視力80%喪失から復活、米注目「ワンパンチだ」

ボクシングの元世界2階級制覇王者ギジェルモ・リゴンドー(キューバ)が、9日(日本時間10日)に米マイアミで行われたバンタム級10回戦でチャーリー・クレメンテアンディーノ(プエルトリコ)に7回KO勝ちした。7歳年下の相手を下した42歳の戦いを米メディアも報じている。

ギジェルモ・リゴンドー【写真:Getty Images】
ギジェルモ・リゴンドー【写真:Getty Images】

35歳クレメンテを悶絶させる

 ボクシングの元世界2階級制覇王者ギジェルモ・リゴンドー(キューバ)が、9日(日本時間10日)に米マイアミで行われたバンタム級10回戦でチャーリー・クレメンテアンディーノ(プエルトリコ)に7回KO勝ちした。7歳年下の相手を下した42歳の戦いを米メディアも報じている。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 ベテランのリゴンドーが強さを見せた。7回だった。強烈な左のボディストレートを食らわせると、35歳のクレメンテもたまらずダウン。キャンバスにうつ伏せとなり、悶絶した。レフェリーのカウントが始まっても、転がるばかりで立ち上がれない。10カウントでリゴンドーのKO勝ちが決まった。

 この試合を米専門メディア「ボクシングシーン.com」は「ギジェルモ・リゴンドーがワンパンチでチャーリー・クレメンテアンディーノに7回KO」との見出しで伝えた。当初予定されていた対戦相手がビザの問題で入国できず、急遽クレメンテと対戦することになったという。

 クレメンテは2016年以来、7年ぶりのプロボクシングの試合だったが、12勝(5KO)無敗の選手だった。記事では「ギジェルモ・リゴンドーが栄光のスパーリングセッションで最近のKO記録を更新した」「7回に10カウントを奪った。左のボディでクレメンテをキャンバスに沈め、7回2分43秒にカウントアウトとなった」と伝えた。

 巧みなアウトボクシングスタイルやカウンターなどを駆使し、スーパーバンタム級で一時代を築いたリゴンドー。2021年8月のジョンリエル・カシメロ(フィリピン)戦で判定負けを喫すると、昨年2月にもビンセント・アストロラビオ(フィリピン)に8回にダウンを奪われ、判定で痛い連敗を喫した。さらに同3月に調理中だった圧力鍋の爆発事故で右目の視力を80%喪失。リハビリを乗り越え、今年2月にヘスス・マルティネス(コロンビア)戦で初回KO勝ち。2020年2月以来、3年ぶりの勝利をマークしていた。記事では「リゴンドーは今年2試合連続KO勝ちで戦績を22勝3敗(15KO)とした」とも伝えられている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集