[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷登板中にベンチを襲った危険シーン 「彼を守れ」「誰より重要」と米放送局が注目した人物は

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は9日(日本時間10日)、本拠地マリナーズ戦に「2番・投手兼DH」で出場。投手としては5回3安打3失点6奪三振で勝ち負け付かず。打者としては17号2ランを含む4打数3安打2打点で5-4の勝利に貢献した。登板中、ファウルボールがエンゼルスのベンチ内にいた水原一平通訳らを強襲。米放送局は水原氏と大谷の表情を映しながら、「イッペイはベンチ内の誰よりも重要。彼を何としても守らなくては」と注目した。

マリナーズ戦に「2番・投手兼DH」で出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
マリナーズ戦に「2番・投手兼DH」で出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

打球が水原氏の近くを強襲した後の大谷の表情に注目の声

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は9日(日本時間10日)、本拠地マリナーズ戦に「2番・投手兼DH」で出場。投手としては5回3安打3失点6奪三振で勝ち負け付かず。打者としては17号2ランを含む4打数3安打2打点で5-4の勝利に貢献した。登板中、ファウルボールがエンゼルスのベンチ内にいた水原一平通訳らを強襲。米放送局は水原氏と大谷の表情を映しながら、「イッペイはベンチ内の誰よりも重要。彼を何としても守らなくては」と注目した。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 大谷がマウンド上で絶叫し、身を縮こませた。3回1死走者なしの場面。カウント0-2から投じた内角ボールゾーンへのカットボールを3番・フランスが引っ張ると、打球は真っ直ぐに三塁側のエンゼルスベンチへ飛んで行った。大谷は叫びながら一度はベンチに目をやったものの、すぐに目を逸らす仕草を見せた。

 米国でこの試合を生放送した「Apple TV+」は、直後にベンチ内でボールの行方を追いかけ、ホッとしたような表情を見せる水原氏の様子を映し出した。実況を務めたウェイン・ランダッゾ氏が「イッペイが無事か確認しないと」と切り出すと、解説のドントレル・ウィリス氏も「ベンチ内の誰よりも重要だからね」と返答。ランダッゾ氏は「ハハハ」と笑いをこらえきれないようだった。

 ウィリス氏が「彼を何としても守らなくては」と続けると、中継画面はベンチの方向を見つめる大谷の表情にフォーカスした。この一連の流れの動画を、「ピッチング・ニンジャ」の愛称で知られる投球分析家のロブ・フリードマン氏が「ショウヘイがもう少しでイッペイを失うところだったと気付く」と記してツイッターに投稿した。

 コメント欄には泣き笑いの絵文字の他、米ファンからは「彼はもうすぐ泣きだしそう」「ノー、イッペイはダメ」といった声が集まり、日本のファンからも「大谷くんの顔」「一平さん大事」と注目するコメントが寄せられた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集