[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

フィギュアのニュース一覧

  • 本田真凜、異国の地で“偶然の再会”2ショットが話題「フラ〜っと歩いてたら…」

    2017.10.31

    フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦の中国杯は11月3日に開幕する。GPシリーズデビュー戦となったスケートカナダ(トロント)で5位に入った本田真凜(関大高)は連戦となるが、直接中国入りするためにカナダを出発する際、友人との“偶然の再会”があったことを自身のインスタグラムで報告している。

  • 羽生結弦とリンク上で… あの日の“美しき三つ巴”写真が話題「なんと可愛らしい」

    2017.10.30

    10月に入り、フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズが開幕。本格的にシーズン到来を迎えた。銀盤を華やかに彩っているが、スケーターがリンクの上で撮影し、話題を集めていた1枚の写真があった。開幕戦のロシア大会。ミーシャ・ジー(ウズベキスタン)が羽生結弦(ANA)、エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)と3ショットを撮影。その様子を目撃していた世界のファンの間で脚光を浴びていたが、ジーが自身のインスタグラムで「三つ巴事件」と題し、実際に公開している。

  • 「失敗してでも跳ぶ」― 宇野昌磨、「挑戦」で世界に見せつけた“心の強さ”

    2017.10.29

    フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦、スケートカナダは28日(日本時間29日)、男子フリーでショートプログラム(SP)1位の宇野昌磨(トヨタ自動車)が197.48点をマークして合計301.10点で優勝した。2位のジェイソン・ブラウン(米国)に約40点差をつける圧勝で2016年のスケートアメリカ以来となるGP3勝目を挙げた。

  • 宇野昌磨は「革命を起こせる」 「壮大な勝利」に海外解説者は感嘆「ワオのひと言」

    2017.10.29

    フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦スケートカナダは27日(日本時間28日)、男子フリーでショートプログラム(SP)1位の宇野昌磨(トヨタ自動車)が合計301.10点で優勝。圧巻の300点超えでGP通算3勝目をマークし、中継した海外の解説者は「パーフェクトな演技に『ワオ』の一言だ」「革命を起こせるクオリティーが備わっている」と絶賛している。

  • 宇野昌磨、圧巻300点超V! 40点差圧勝に海外速報「ショーマはあり得ない存在」

    2017.10.29

    フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦スケートカナダは27日(日本時間28日)、男子フリーでショートプログラム(SP)1位の宇野昌磨(トヨタ自動車)が合計301.10点で優勝。圧巻の300点超えに対し、海外メディアは「ショーマはあり得ない存在」と速報している。SP3位のジェイソン・ブラウン(米国)が合計261.14点で2位に入った。

  • 本田真凜、「君はすでにスターだ」 圧巻の逆襲に海外賛辞「鳥肌をもたらした」

    2017.10.29

    フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦スケートカナダは28日(日本時間29日)、女子フリーでショートプログラム(SP)10位と出遅れた本田真凜(関大高)は125.64点で3位。合計178.24点で総合5位に上昇し、シニア初GPを終えた。前日から一転、ほぼ完璧に演じた16歳の逆襲に対し、海外から「鳥肌をもたらした」「君はすでにスター」と賛辞が送られている。

  • 羽生結弦と“お揃いピース” ロシア18歳の“美男美女ショット”でファン魅了

    2017.10.28

    女子フィギュアスケートのエレーナ・ラジオノワ(ロシア)がインスタグラムを更新。美人選手として知られる18歳は、羽生結弦(ANA)との2ショット写真を掲載し、美男美女の1枚に世界のファンが魅了されている。

  • 宇野昌磨、「とてつもないステージ」に米解説者も絶賛の嵐「五輪V候補筆頭」

    2017.10.28

    フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦スケートカナダは27日(日本時間28日)、男子ショートプログラム(SP)で宇野昌磨(トヨタ自動車)が自己ベストに迫る103.62点の高得点をマーク。2位に9点以上の差をつけ、圧巻の首位発進となった。海外メディアから「凄まじい素質だ」などと称賛されている。

  • 宇野昌磨、圧巻SP首位 米解説者「ビューティフル」連呼の大絶賛「五輪V候補筆頭」

    2017.10.28

    フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦スケートカナダは27日(日本時間28日)、男子ショートプログラム(SP)で宇野昌磨(トヨタ自動車)が自己ベストに迫る103.62点の高得点をマーク。大会を中継した海外の解説者から「とてつもないステージ」「オリンピック優勝候補筆頭」と絶賛の嵐を浴びている。

  • 本田真凜、ミス挽回できず 海外解説者も驚き「自信が揺らいだようだった」

    2017.10.28

    フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦スケートカナダは27日(日本時間28日)、女子ショートプログラム(SP)で本田真凜(関大高)は転倒などミスが響き、52.60点で12人中10位。ほろ苦のGPデビューとなり、大会を中継したIOC運営の五輪専門チャンネル「オリンピックチャンネル」の解説者は「シニアでのスタートは望んだ形ではないものになった」と言及している。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
南米各国代表も、日本代表も、全試合DAZN独占 COPA AMERICA BRASIL 2019
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集