[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ISU最優秀衣装賞で「何よりも大事なこと」 “ヘビ肌”デザイナーが込めたこだわり

国際スケート連盟(ISU)は11日、2019-20年シーズンから新設されたフィギュアスケートの「ISUスケーティング・アワード」をオンラインで開催し、アイスダンスのマディソン・チョック、エバン・ベーツ組(米国)がベストコスチューム賞に輝いた。スネークスキン(ヘビの肌)を煌びやかに再現した衣装デザイナーのマシュー・キャロン氏(カナダ)は、自身のインスタグラムで衣装作りの心得についてつづっている。

ベストコスチュームを受賞したチョック(左)/ベーツ組【写真:Getty Images】
ベストコスチュームを受賞したチョック(左)/ベーツ組【写真:Getty Images】

チョック&ベーツ組を担当したキャロン氏、衣装づくりの心得解説

 国際スケート連盟(ISU)は11日、2019-20年シーズンから新設されたフィギュアスケートの「ISUスケーティング・アワード」をオンラインで開催し、アイスダンスのマディソン・チョック、エバン・ベーツ組(米国)がベストコスチューム賞に輝いた。スネークスキン(ヘビの肌)を煌びやかに再現した衣装デザイナーのマシュー・キャロン氏(カナダ)は、自身のインスタグラムで衣装作りの心得についてつづっている。

【特集】人馬が築く信頼関係 言葉を超えたコミュニケーションで目指す共通のゴール / 馬術・戸本一真さんインタビュー(GROWINGへ)

 妖艶で煌びやかな“ヘビ肌”デザインだ。チョックの衣装はゴールドやエメラルドグリーンなど、多数の鮮やかなラインストーンで、ウロコに覆われたスネークスキンを再現したもの。パートナーであるベーツのシンプルな衣装との対比もあり、美しさが際立つものになっている。フリー演目「Egyptian Snake Dance」で使用し、好評を得ていた。

 デザイナーを務めたキャロン氏は、自身のインスタグラムを更新。文面で衣装作りの心得をこうつづっている。

「コラボ! アスリートの衣装デザインはチームワーク。アスリートのために働くことが、私、そして献身的なFEELINGチームの仕事だと信じている。衣装は、振付師の意図とコーチのビジョンを表現しなければならないが、何よりも大事なことはスケーターの技術と個性を際立たせることだ」

 初代最優秀選手賞(MVS)に輝いた羽生結弦(ANA)と、アンナ・シェルバコワ(ロシア)も受賞候補にノミネートされていたベストコスチューム賞。受賞には、デザイナーとして栄誉を感じているようだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集