[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「100g太るごとに罰が」 露フィギュア選手が壮絶な減量告白「脱水させる薬も飲んだ」

厳しい減量、体重制限がつきもののフィギュアスケート。今年2月に現役を引退したベティナ・ポポワ(ロシア)も過酷な減量を科され、太るごとに罰が与えられ、やせるために薬まで使用していたという。ロシア放送局「ロシア・トゥデー」が報じている。

現役時代のベティナ・ポポワ【写真:Getty Images】
現役時代のベティナ・ポポワ【写真:Getty Images】

2月に現役引退したポポワが壮絶な体験を告白

 厳しい減量、体重制限がつきもののフィギュアスケート。今年2月に現役を引退したベティナ・ポポワ(ロシア)も過酷な減量を科され、太るごとに罰が与えられ、やせるために薬まで使用していたという。ロシア放送局「ロシア・トゥデー」が報じている。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 セルゲイ・モズゴフ(ロシア)らとカップルを組んで、アイスダンスで活躍。2014年のジュニアグランプリファイナルでは3位に入った経験を持つポポワは今年2月に第一線を退いたが、現役時代の壮絶な体験を同局に告白している。

「『100グラム太るごとに罰が』 元フィギュアスケーター、ベティナ・ポポワが現役時代に減量のための薬を使っていたことを明かす」という衝撃的な見出しをともに「ロシアの元フィギュアスケート選手、ベティナ・ポポワがプロキャリアの暗黒部分を明らかにし続けている」と続け、当時味わっていた苦しみなどを明らかにしている。

 アイスダンス選手だったポポワは、パートナーとのリフトなどの技のために、常に減量と戦い続けていたという。

「12歳の頃からいつも体重を減らすように言われてきました。『彼(パートナー)はあなたのことをどうやってリフトするのかしら?』それは、パートナーが私のことを見捨てるかもしれないと、私を脅すための決まり文句だったんです」

 168センチとフィギュア選手としては長身の部類に入るポポワ。自らの体重と向き合い続けてきた結果、健康面でのリスクを抱えていた主張している。そして、それは正しい行為ではなかったと考えているようだ。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集