[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「100g太るごとに罰が」 露フィギュア選手が壮絶な減量告白「脱水させる薬も飲んだ」

「体に薄いフィルムを巻き、休むことなく4時間走ったこともあります」

「常に体重を減らすよう、体を脱水させるための薬さえ飲んでいました。体に薄いフィルムを巻き、休むことなく4時間走ったこともあります」

「もちろん、こうしたことは肌、心臓、そして体全体に悪影響を与えました。体重を測ることが怖かったですね。というのも、100グラム太るごとに罰があったんです。摂食障害になっていました」

 壮絶な体験をこのように振り返っている。

 平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワも過去に現地のテレビ番組で「100グラム単位」での体重管理を告白するなどし話題を呼んだこともあった。

 特に女子フィギュア界では体重が増えるとジャンプなどに影響し、パフォーマンスが低下するとされている。過度な減量により、摂食障害などを引き起こすケースもあり、健康面でのリスクについてはこれまでも度々問題視されていたが、改めてポポワの告白が注目を浴びている。

(THE ANSWER編集部)

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集