[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

18歳ザギトワが年1億円超を稼いだ方法 フォーブス誌分析「日本のショーは報酬いい」

フィギュアスケートのアリーナ・ザギトワ(ロシア)。母国のみならず、世界中のファンから愛されている平昌五輪女王について、米経済誌「フォーブス」ロシア版が注目。母国で40歳より若い、成功したスポーツとショービジネスの有名人40人のうち、31位にザギトワをピックアップし、「いかに1年で100万ドル(約1億700万円)以上稼いだか」と分析している。

平昌五輪でのアリーナ・ザギトワ【写真:Getty Images】
平昌五輪でのアリーナ・ザギトワ【写真:Getty Images】

フォーブス誌ロシア版が「いかに1年で100万ドル以上稼いだか」を分析

 フィギュアスケートのアリーナ・ザギトワ(ロシア)。母国のみならず、世界中のファンから愛されている平昌五輪女王について、米経済誌「フォーブス」ロシア版が注目。母国で40歳より若い、成功したスポーツとショービジネスの有名人40人のうち、31位にザギトワをピックアップし、「いかに1年で100万ドル(約1億700万円)以上稼いだか」と分析している。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 同誌はロシアにおける40歳以下の有名人40人をピックアップ。31位に入ったザギトワについては「最も若い参加者。昨年、18歳の彼女は110万ドル(約1億1800万円)近く稼いだ」と紹介している。

 記事では、同じくロシアのメドベージェワが注目された2018年の平昌五輪で、ザギトワが金メダルを獲得したことが「ザギトワの勝利に劇的要素を加え、彼女を取り囲むメディアによる報道過熱を一層高いものにした」と記載。続けて「フィギュアスケートの主要な大会のトロフィーをすべて集めた。そして2019年の12月には自身のキャリアを一時的に休止すると発表した」と紹介している。

 同誌は、ザギトワがキャリアを休止することを国営放送、しかも生放送で発表したことや、2019年のGPファイナルのエキシビションで演技できないことを自ら観客に謝ったことなどに言及。母国フィギュア界でヒロインとして位置づけられることになったザギトワについて、コミュニケーションエージェンシー「PRP」の副社長を務めるナリネ・カプリエリャン氏の言葉をこう伝えている。

「特に大切なのは、彼女が人工的につくられたヒロインにみえないことです。アリーナは複雑なイメージを持っています。外見は彼女はエルフですが、中身は不屈の戦士です。企業はいつもそういったヒストリーを持った強い個性に引き寄せられます。ブランドは自分たちの価値を放送したいし、人もしくはスポーツやショービジネスのスターを通して自分たちのストーリーを伝えられることをとても重んじる」

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集