[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

陸上のニュース一覧

  • サニブラウン、「なんだかなぁ」の感覚でV 反応速度“ブービー”も巻き返す地力の差

    2019.06.28

    陸上の世界選手権(9月27日開幕・ドーハ)の代表選考を兼ねた日本選手権は28日、福岡・博多の森陸上競技場で男子100メートル決勝が行われ、日本記録保持者サニブラウン・ハキーム(フロリダ大)が10秒02(向かい風0.3メートル)で出場2大会連続Vを飾った。世界選手権の代表内定となった。前日本記録保持者の桐生祥秀(日本生命)10秒16で2位、小池祐貴(住友電工)が10秒19で3位だった。

  • 最下位のケンブリッジ「全然ダメ」 怪我からの復活へ「また一から見直して」

    2019.06.28

    陸上の世界選手権(9月27日開幕・ドーハ)の代表選考を兼ねた日本選手権は28日、福岡・博多の森陸上競技場で男子100メートル決勝が行われ、日本記録保持者サニブラウン・ハキーム(フロリダ大)が10秒02(向かい風0.3メートル)で出場2大会連続Vを飾り、世界選手権の代表に内定した。一方で、故障からの復活を目指したケンブリッジ飛鳥(ナイキ)は10秒33で最下位に終わった。

  • 完敗の桐生祥秀は淡々「僕の力不足」 サニブラウンとの差は「後半の伸びを…」

    2019.06.28

    陸上の世界選手権(9月27日開幕・ドーハ)の代表選考を兼ねた日本選手権は28日、福岡・博多の森陸上競技場で男子100メートル決勝が行われ、日本記録保持者サニブラウン・ハキーム(フロリダ大)が10秒02(向かい風0.3メートル)で出場2大会連続Vを飾り、世界選手権の代表に内定した。一方で、前日本記録保持者の桐生祥秀(日本生命)10秒16で2位。サニブラウンには0秒14差の完敗だった。

  • 【日本選手権100m全結果】サニブラウンが大会新 桐生が2位、ケンブリッジが最下位

    2019.06.28

    陸上の世界選手権(9月27日開幕・ドーハ)の代表選考を兼ねた日本選手権は28日、福岡・博多の森陸上競技場で男子100メートル決勝が行われ、日本記録保持者サニブラウン・ハキーム(フロリダ大)が10秒02(向かい風0.3メートル)で出場2大会連続Vを飾った。世界選手権の代表に内定した。前日本記録保持者の桐生祥秀(日本生命)10秒16で2位、小池祐貴(住友電工)が10秒19で3位だった。

  • サニブラウン、大会新10秒02でVも… レース後は苦笑い「なんとも言えないタイム」

    2019.06.28

    陸上の世界選手権(9月27日開幕・ドーハ)の代表選考を兼ねた日本選手権は28日、福岡・博多の森陸上競技場で男子100メートル決勝が行われ、日本記録保持者サニブラウン・ハキーム(フロリダ大)が10秒02(向かい風0.3メートル)で出場2大会連続Vを飾った。世界選手権の代表内定となった。

  • サニブラウン、大会新10秒02で優勝 桐生祥秀との史上初“9秒台対決”で世陸代表入り

    2019.06.28

    世界選手権(9月27日開幕・ドーハ)の代表選考を兼ねた陸上の日本選手権は28日、福岡・博多の森陸上競技場で男子100メートル決勝が行われ、日本記録保持者サニブラウン・ハキーム(フロリダ大)が10秒02(向かい風0.3メートル)で出場2大会連続Vを飾った。世界選手権の代表内定となった。

  • サニブラウンら最強100m決戦に汗だく500人列 先頭男性“14時間待ち”「決勝見たい」

    2019.06.28

    男子100メートルで盛り上がる陸上日本選手権の第2日(福岡・博多の陸上森競技場)が9秒97の日本記録保持者サニブラウン・ハキーム(フロリダ大)、自己ベスト9秒98の桐生祥秀(日本生命)が出場し、史上初の日本勢9秒台対決となる。今秋の世界選手権代表(9月27日開幕・ドーハ)を懸けて争う頂上決戦で早くもフィーバーが巻き起こっている。

  • 神野大地がプロ短距離コーチと異例タッグ! 東京五輪へ決断「プロならではの挑戦」

    2019.06.25

    異例の試みで、東京五輪を目指す。陸上男子長距離の神野大地(セルソース)がプロスプリントコーチの伊藤友広氏、秋本真吾氏とタッグを組んだことが分かった。マラソン選手が短距離出身のコーチから指導を受けるのは陸上界にとっても珍しいこと。9月に「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」を控える25歳が、新「チーム・神野」で夢舞台へ突き進む。

  • サニブラウンを抑えた 「9秒86」全米大学王者は「ライジングスター」と海外絶賛

    2019.06.09

    陸上の全米大学選手権は7日(日本時間8日)、男子100メートル決勝でサニブラウン・ハキーム(フロリダ大)が9秒97(追い風0.8メートル)の日本新記録で3位に入った。日本を沸かせたが、優勝したのはナイジェリア出身のディバイン・オドゥドゥル(テキサス工科大)だ。今季世界最高タイとなる9秒86をマーク。200メートルと合わせ、全米大学2冠を達成した。

  • サニブラウン、激動1日3レースで残した衝撃 400mリレーは“日本超え”今季世界1位

    2019.06.08

    陸上の全米大学選手権は7日(日本時間8日)、男子100メートル決勝でサニブラウン・ハキーム(フロリダ大)が9秒97(追い風0.8メートル)の日本新記録を樹立。日本陸上界に与えた衝撃は、1日3レースという激動の裏で生まれていた。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集