[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

MGCを瀬古利彦氏が総括 大逃げ4位の川内優輝を称賛「あっぱれ」3位大迫傑には「また3番。詰め甘い」

陸上の2024年パリ五輪マラソン日本代表を決めるマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)が15日、東京・国立競技場発着で行われた。男女とも上位2人が代表権を獲得(3位は選考対象選手に)。男子は小山直城が2時間8分57秒で優勝、赤崎暁が2時間9分6秒の2位、女子は鈴木優花が2時間24分9秒で優勝、一山麻緒が2時間24分43秒の2位でそれぞれパリ五輪代表に内定した。日本陸上競技連盟の瀬古利彦ロードランニングコミッションリーダー、高岡寿成・中長距離マラソン担当シニアディレクターが会見で大会を総括した。

男子マラソンで4位でゴールする川内優輝【写真:徳原隆元】
男子マラソンで4位でゴールする川内優輝【写真:徳原隆元】

パリ五輪代表選考会

 陸上の2024年パリ五輪マラソン日本代表を決めるマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)が15日、東京・国立競技場発着で行われた。男女とも上位2人が代表権を獲得(3位は選考対象選手に)。男子は小山直城が2時間8分57秒で優勝、赤崎暁が2時間9分6秒の2位、女子は鈴木優花が2時間24分9秒で優勝、一山麻緒が2時間24分43秒の2位でそれぞれパリ五輪代表に内定した。日本陸上競技連盟の瀬古利彦ロードランニングコミッションリーダー、高岡寿成・中長距離マラソン担当シニアディレクターが会見で大会を総括した。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 決戦は土砂降りの雨、気温14.6度の中でスタートした。前回2019年大会の約2倍となる男子61人、女子24人が出場。ペースメーカーがおらず、男子は130回目のマラソンとなった川内優輝が号砲とともに飛び出した。日本記録保持者・鈴木健吾が12キロ付近で、其田健也が16キロで途中棄権。波乱が起きる中、35キロで川内が捉えられ、堀尾謙介、赤崎暁、小山直城、大迫、井上大仁、作田直也が先頭集団をつくった。

 38キロで飛び出したのが小山。そのまま独走で国立競技場に入り、人差し指を天に突き上げながらフィニッシュテープを切った。赤崎は大迫の猛追を振り切って2位。両腕でガッツポーズをつくり、大迫は前回大会に続く3位でまたも即時内定は逃した。

 24人で争われた女子は中盤まで10人の集団を形成する展開。23キロ過ぎで一山麻緒が出て、細田あいがつくと、前田穂南ら後続を離して並走状態に。土砂降りの雨が降る中、折り返しの際に足を滑らせて転倒する選手もいたが、33キロ過ぎで一山が再び仕掛ける。一時は独走状態となったが、鈴木優花が猛追。38.4キロで一山を抜いて前に出た。

 そのまま逃げ切り2時間24分9秒で優勝。一山が2時間24分43秒の2位で内定した。2時間24分50秒だった細田あいが3位に入った。

 東京五輪の代表選考会から始まったMGC。上位2人が一発勝負で決まり、残る3枠目はMGCファイナルチャレンジで設定記録(男子は2時間5分50秒、女子は2時間21分41秒)を破った記録最上位選手が選ばれる。破る選手が現れなければ、MGC3位選手が代表入りする。

 瀬古氏と高岡氏の主な一問一答は以下の通り。

――総括を。

瀬古氏「無事に第2回のMGCを終えることができました。白熱したレースが展開されました。内定した選手たちおめでとうございます。小山選手は7月のマラソンで優勝して元気な状態でこの大会に臨みました。我々の中では優勝候補にはなかったですが、元気なところを見せて勝ち切ってくれました。赤崎くんはこの持ちタイムの中でよく戦ってくれた。私の中ではダークホースの存在。ただ、優勝できるかもしれない余裕度があり、よく2番になってくれた。

 この2人はまだまだ伸びしろがあります。トラックでも戦える力がある。そんな選手が選ばれたのは嬉しい。日本記録を出す力もあると思います。3位の大迫選手はまた3番かと。(早大の)先輩としては可哀想。詰めが甘いと思いました。次のファイナルチャレンジで日本記録を出して選ばれる期待をしています。ただ、上の2人もこの記録では世界と戦えない。頑張ってほしい。

 川内選手もよく頑張った。逃げ切れなかったけど、最後までドキドキした。彼の頑張りは日本のマラソン界で盛り上げてくれる一番手の存在。日本のマラソン界の立役者。本当に頑張った。彼にあっぱれをあげたい。

 女子も鈴木選手、一山選手おめでとうございます。鈴木選手は私の中でダークホースにも入っていませんでいた。申し訳ございません。それでも勝ち切った。伸びしろもある。ただ、24分では世界と戦うには厳しい。一山選手は五輪でおそらく納得がいっていない走りだったと思うので、パリで巻き返してほしい。ご主人が途中棄権した分も頑張ってくれた。次は鈴木君が頑張る番。細田選手も記録を持っている。誰が優勝しても不思議じゃない大会。ファイナルチャレンジで実力で選ばれることを願っています」

高岡氏「無事にレースを終えられてホッとしている。ペースメーカーがおらずどんな展開になるのかを楽しみにしていた。期待通りに若い選手が混戦で活躍してくれた。パリの先を見据えた戦略も練られる。パリもタフになるし、その中で結果を残せる選手になったと思います」

――途中棄権の選手もいた。天候でもパリ本番とは違う。選考の在り方として考えを。

高岡氏「パリ五輪は日にち、時間は決まっている。それと同じようにこの大会も2年前から決まっていました。その中でコンディションを合わせるのは同じこと。ここに合わせてこそ本番で力を発揮する。今回合わせた選手が素晴らしかった。日本で選出する中で同じ条件で選ぶことも必要なこと。コースも必ずしも平たんではない。ペースメーカーが必ず存在するわけではない。そういうことはパリに繋がると思います」

瀬古氏「まだチャンスはある。そこ(ファイナルチャレンジ)に合わせられなかった選手は話にならない。2段階でチャンスをつくったのはよかった。暑い日になると思っていたけど、(悪天候で)一番最悪の日になってしまった。でも、この中で走れないと。川内君は雨で喜んでいた。他の選手も天候を味方にする選手にならないといけない。どんなことになっても力を出すのがMGC」

――前回と倍増の出場数。層が厚くなったが、差があった。出場するだけになってしまった選手もいることには。

高岡氏「当然、多くの選手が参加できたことは層の厚さ、底上げができた部分。60人いて全員が合わせられる選手はいない。合わせた選手が上位に来た、もしくは五輪への思いを見られたレースだと思います」

瀬古氏「少ないと寂しいし、多いとまた文句を言われる。それは困ります(笑)。ただ、(出場資格は)1分速くして倍増なので悪い話ではない。これから高岡君も考えると思う。これから盛り上げるのは企業の力も必要。MGCに選手が出られるように応援してくれるし、10チームだけだとあまり応援してもらえないし、30チームあればもっと応援してもらえる。みなさんもいいものを考えてくださいよ(笑)」

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集