[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大迫傑、5秒差に泣く3位で五輪即時内定逃す「なかなか勝ち切れない」 今後は「相談して決断したい」【マラソンMGC】

陸上の2024年パリ五輪マラソン日本代表を決めるマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)が15日、東京・国立競技場発着で行われた。男女とも上位2人が代表権を獲得(3位は選考対象選手に)。小山直城が2時間8分57秒で優勝、赤崎暁が2時間9分6秒の2位でともに代表に内定した。前日本記録保持者・大迫傑が2時間9分11秒で3位。5秒差でパリ五輪の切符を逃した。レース後は「ちょっと休んで、コーチと相談しながらこれからのことを決めていきたい」と語った。

MGCで土砂降りの雨の中を走る大迫傑【写真:徳原隆元】
MGCで土砂降りの雨の中を走る大迫傑【写真:徳原隆元】

パリ五輪代表選考会

 陸上の2024年パリ五輪マラソン日本代表を決めるマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)が15日、東京・国立競技場発着で行われた。男女とも上位2人が代表権を獲得(3位は選考対象選手に)。小山直城が2時間8分57秒で優勝、赤崎暁が2時間9分6秒の2位でともに代表に内定した。前日本記録保持者・大迫傑が2時間9分11秒で3位。5秒差でパリ五輪の切符を逃した。レース後は「ちょっと休んで、コーチと相談しながらこれからのことを決めていきたい」と語った。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!


 決戦は土砂降りの雨、気温14.6度の中でスタートした。前回2019年大会の約2倍となる男子61人、女子24人が出場。ペースメーカーがおらず、男子は130回目のマラソンとなった川内優輝が号砲とともに飛び出した。冷静にペースを守る大迫は29キロで2位集団の先頭へ。35キロで川内に追いついた。38キロで小山が飛び出し、大迫は2位の代表切符を狙って赤崎を猛追。しかし5秒差で及ばず、前回大会に続く3位でまたも即時内定は逃した。

 レース後の取材に大迫は「なかなか勝ち切れないですね」と振り返り、「シンプルに優勝を狙っていたし、可能なだけのトレーニングを積んできた自信があった。選考レースはなかなか読めない要素が多い中、難しさを改めて感じた」と語った。「もう一歩行きたい気持ちはあったけれど、なかなか体がついてこなかった」と最後の2位争いについても口にした。

「前回と同様、なかなかこういったレースは勝ち切るのが難しいと改めて思った。一方で、僕自身の変わらない強さも発見できた。あと一歩。選考レースだけじゃなく、国際大会の舞台で3位とかが結構多いので、一歩前に行くにはどうしたらいいか、練習の中で考えるきっかけになるレースになった」

 今後については「休養取ってリカバリーしてから、コーチと相談して、ファイナルチャレンジに出るかどうかは決断したいと思っています」と話し、「前回同様難しい立場になりましたが、自分自身にとっていい機会だととらえて、またしっかりトレーニングを摘んでいきたい」と語った。

 東京五輪の代表選考会から始まったMGC。上位2人が一発勝負で決まり、残る3枠目はMGCファイナルチャレンジで設定記録(男子は2時間5分50秒、女子は2時間21分41秒)を破った記録最上位選手が選ばれる。破る選手が現れなければ、MGC3位選手が代表入りする。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集