[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ニュースの記事一覧

  • ナダルに通用してもフェデラーは通じない? 敗者が語る「王者と帝王」の差とは

    2017.09.05

    テニスの全米オープンは4日(日本時間5日)、男子シングルス4回戦でロジャー・フェデラー(スイス)とラファエル・ナダル(スペイン)がともに勝ち上がり、8強進出した。注目される準決勝の黄金カード実現にあと1勝と迫ったが、敗れた選手が両雄について言及。「フェデラーの方がよりタフな相手だ」と持論を展開している。米紙「ニューヨークポスト」が報じた。

  • 代表引退騒動に発展 名ダイナモの豪快オウンゴールに皮肉殺到「今季ベストゴール」

    2017.09.05

    サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会を目指した予選で豪快すぎるオウンゴールが決まり、ミスを犯した選手に批判が殺到。「俺が去る瞬間はもうすぐそこだ」と代表引退を示唆する騒動に発展している。まさかのシーンは米FOXスポーツが公式インスタグラムに動画付きで紹介し、ファンから「今季ベストゴールじゃないか?」と皮肉の声が上がっている。

  • ボルトも和服美女がお好き? 世界最速男×舞妓の3ショットに「kawaii」の声

    2017.09.05

    陸上の男子100、200メートルの世界記録保持者、ウサイン・ボルト(ジャマイカ)が5日、インスタグラムを更新。イベントで京都に来日中の世界最速男は舞妓2人との3ショット写真を掲載し、海外のファンから「kawaii」の声も上がっている。

  • ナダル、試合中に過剰なストレスのなぜ? 快進撃も苦悩吐露「言いたいことがある」

    2017.09.05

    テニスの全米オープンは4日(日本時間5日)、男子シングルス4回戦で世界ランク1位のラファエル・ナダルが同64位のアレクサンドル・ドルゴポロフ(ウクライナ)を6-2、6-4、6-1のストレートで下し、8強進出。ナダルらしい超速プレーが大会公式ツイッターに動画付きで紹介されるなど圧巻の戦いぶりを演じているが、プレー中に「過剰なストレス」を抱えているという。英紙「メトロ」が報じた。

  • フェデラー、絶品ラリーでVSナダルに“王手” 黄金カード実現に世界が注目

    2017.09.05

    テニスの全米オープンは4日、男子シングルス4回戦でロジャー・フェデラー(スイス)がコールシュライバー(ドイツ)を6-4、6-2、7-5のストレートで下し、8強進出。勝ち上がれば準決勝で激突するラファエル・ナダル(スペイン)との黄金対決に“王手”をかけた。

  • ナダル、速すぎ! 31歳の超速プレーにファンも目の錯覚「コート全体が遅く見える」

    2017.09.05

    テニスの全米オープンは4日(日本時間5日)、男子シングルス4回戦で世界ランク1位のラファエル・ナダルが同64位のアレクサンドル・ドルゴポロフ(ウクライナ)を6-2、6-4、6-1のストレートで撃破。8強進出を決めた試合でナダルらしい超速プレーが飛び出し、大会公式ツイッターは動画付きで紹介。ファンから「ラファエル・ナダル・ザ・ベスト」「ナダルが速くてコート全体が遅く見える」と驚嘆が広がっている。

  • “妖精”が全米に起こした批判と称賛 シャラポワ、涙の敗退を世界はどう報じたのか

    2017.09.05

    テニスの全米オープンは女子シングルス4回戦で、元世界ランク1位のマリア・シャラポワ(ロシア)が17位のアタスタシヤ・セバストワ(ラトビア)に7−5、4−6、2−6で逆転負け。出場停止処分から四大大会に復帰した「妖精」は、華麗なテニスでニューヨークを沸かせたが、06年以来の全米制覇はならず。元女王の涙の敗退を、各国メディアは「彼女のスパンコールはもう輝かない」などと惜しんでいる。

  • 彼らはどっちの味方なのか… 世にも奇妙な“怪弾”連発 悲鳴と爆笑が交錯!?

    2017.09.04

    米大リーグで歴史上の残る珍ホームランが同一選手によって連発され、話題を呼んでいる。フェンス際への大飛球をともに外野手がタッチしてスタンドに入れてしまうという“夏の怪弾”の模様をMLB公式動画コーナー「Cut4」が紹介。世にも奇妙な本塁打が反響となっている。

  • 宮里藍「泣かないように必死でした」 感動18番の計らいは「一生記憶に残る瞬間」

    2017.09.04

    米女子ゴルフのポートランド・クラシック最終日は3日(日本時間4日)、13位から出た宮里藍(サントリー)は6バーディー、1ボギーの67で回り、通算13アンダーで今季最高の5位。次戦はエビアン選手権(仏エビアン・リゾートGC)に参戦するため、米最終戦となった宮里は涙を見なかったが「泣かないように必死でした」と自身のインスタグラムで胸中を明かしている。

  • “神の子”が怒りの珍バーディー パター破壊→ウッド代用で唖然「ゴルフとは奇妙だ」

    2017.09.04

    米男子ゴルフのプレーオフ第2戦、デルテクノロージーズ選手権第3日は3日(日本時間4日)、セルヒオ・ガルシア(スペイン)がふがいないプレーに激怒し、自らのパターを破壊。その後、3Wで打ったパットでバーディーを沈める珍事が発生した。PGAツアー公認のゴルフ専門動画サイト「SkratchTV」が公式フェイスブックに動画付きで紹介し、ファンから「これはパター…なのか?」「ゴルフというのは奇妙だ」と唖然の声が上がっている。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集