[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

サニブラウン・ハキームの記事一覧

  • サニブラウン、200mは日本歴代2位20秒08! 100mから45分後、過酷3レースでまた自己新

    2019.06.08

    陸上の全米大学選手権は7日(日本時間8日)、男子200メートル決勝でサニブラウン・ハキーム(フロリダ大)が20秒08(追い風0.8メートル)で3位。自己ベストを0秒05更新し、末続慎吾が持つ日本記録20秒03に迫る日本歴代2位の好記録となった。

  • サニブラウン、「9秒97の衝撃」にフロリダ大も賛辞「日本レコードも破った!」

    2019.06.08

    陸上の全米大学選手権は7日(日本時間8日)、男子100メートル決勝でサニブラウン・ハキーム(フロリダ大)が9秒97(追い風0.8メートル)で3位。桐生祥秀(日本生命)の9秒98を上回り、日本新記録を樹立した。NCAA陸上公式ツイッターは歴史的瞬間の映像を速報している。

  • サニブラウン、日本新記録9秒97! 全米大学選手権3位、桐生祥秀を0.01秒上回る

    2019.06.08

    陸上の全米大学選手権は7日(日本時間8日)、男子100メートル決勝でサニブラウン・ハキーム(フロリダ大)が9秒97(追い風0.8メートル)の日本新記録で3位。5日(同6日)に行われた準決勝では追い風2.4メートルの参考記録ながら9秒96をマークし、桐生祥秀(日本生命)がマークした9秒98の日本記録更新が期待されていた。

  • サニブラウンは「才能に頼った走り」を卒業した 9秒99の裏にあった“米国式の成長”

    2019.05.20

    陸上男子短距離のサニブラウン・ハキーム(フロリダ大)が、11日(日本時間12日)に行われた米大学南東地区選手権男子100メートル決勝で9秒99をマークし、優勝した。元々、9秒台を出すのは時間の問題と見られていた逸材。日本選手2人目となる「10秒の壁」を破ったという事実以上に、現在取り組んでいるトレーニング・プログラムに自信を深めたことが一番の収穫だろう。

  • サニブラウン、「9秒99の衝撃」を所属フロリダ大が映像公開 レース直後は悔し顔も…

    2019.05.12

    陸上男子短距離のサニブラウン・ハキーム(フロリダ大)が11日(日本時間12日)、米大学南東地区選手権男子100メートル決勝で9秒99(追い風1.8メートル)をマーク。桐生祥秀に続き、日本人2人目となる9秒台をマークした。抜群のスタートから圧倒したレース映像を所属チームが公開している。

  • 「話題に遅れるな」 18歳サニブラウン、米国が“無名の新1年生”を異例の特集

    2017.12.30

    今年8月に行われた陸上の世界選手権で同大会男子200メートルの史上最年少ファイナリストとなったサニブラウン・ハキーム(東京陸協)は、今秋に米フロリダ大へ進学した。異国の地で研鑽を積む18歳を、米専門メディアも「日本人スプリンターのハキーム・サニブラウンの話題に遅れるな」と注目している。

  • 世界が求む「ポスト・ボルト」 サニブラウンが海外メディア選出の後継者にノミネート

    2017.08.11

    陸上の世界選手権(ロンドン)は10日(日本時間11日)、男子200メートル決勝に出場したサニブラウン・ハキーム(東京陸協)は、後半に右太もも裏の痛みで伸び悩み、20秒63で7位に終わった。それでも、ドイツ紙「ターゲスシュピーゲル」は、同種目の史上最年少ファイナリストを称賛。今大会後に引退を発表しているウサイン・ボルト(ジャマイカ)の後継者候補に選出している。

  • サニブラウン、大一番で故障のなぜ 専門家が指摘する「体力」ではない「技術力」

    2017.08.11

    陸上の世界選手権(ロンドン)は10日、男子200メートル決勝でサニブラウン・ハキーム(東京陸協)が20秒63(向かい風0.1メートル)で7位。史上最年少でファイナリストとなった18歳は、右太もも裏の痛みで後半失速したことが響き、メダル獲得はならなかった。なぜ、大一番で怪物の肉体に異変が生じたのか――。その理由について、専門家は「体力よりも技術力にある」と分析した。

  • サニブラウンに世界が注目 国際連盟が異例の母直撃「その瞬間を息子と共有したい」

    2017.08.10

    陸上の世界選手権(ロンドン)は9日(日本時間10日)、男子200メートル準決勝で18歳5か月のサニブラウン・ハキーム(東京陸協)が20秒43で2組2着に入り、決勝進出。ウサイン・ボルト(ジャマイカ)の18歳11か月を更新する世界最年少でファイナリストとなった。歴史的快挙を受け、国際陸上連盟(IAAF)はサニブラウンの母に注目。直撃インタビューし、公式ツイッターで動画を掲載している。

  • サニブラウン、「技」を立て直した「心」の強さ 専門家「100m決勝と同じ価値」

    2017.08.10

    陸上の世界選手権(ロンドン)は9日(日本時間10日)、男子200メートル準決勝で18歳5か月のサニブラウン・ハキーム(東京陸協)が20秒43で2組2着に入り、決勝進出。ウサイン・ボルト(ジャマイカ)の18歳11か月を更新する世界最年少でファイナリストとなった。100メートルのスタート失敗を修正して果たした歴史的な快挙について、専門家は「100メートルの決勝と同じ価値がある」と話し、メダル獲得のポイントを挙げた。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集