[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

サニブラウンのコーチに単独直撃 潜在能力絶賛「彼は素晴らしい、素晴らしいよ」

世界選手権(9月27日開幕・ドーハ)の代表選考を兼ねた陸上の日本選手権は30日、福岡・博多の森陸上競技場で男子200メートル決勝が行われ、100メートル日本記録保持者のサニブラウン・ハキーム(フロリダ大)が20秒35(向かい風1.3メートル)で100メートルに続く2冠を達成した。

100メートルに続く2冠を達成したサニブラウン・ハキーム【写真:奥井隆史】
100メートルに続く2冠を達成したサニブラウン・ハキーム【写真:奥井隆史】

米国人コーチが見たサニブラウン「非常に才能豊かで、ポテンシャルも高い」

 世界選手権(9月27日開幕・ドーハ)の代表選考を兼ねた陸上の日本選手権は30日、福岡・博多の森陸上競技場で男子200メートル決勝が行われ、100メートル日本記録保持者のサニブラウン・ハキーム(フロリダ大)が20秒35(向かい風1.3メートル)で100メートルに続く2冠を達成した。今大会は、2017年秋に進学した米フロリダ大のサブコーチである25歳のアントワン・ライト氏が帯同。同コーチはレース直後のミックスゾーンで「THE ANSWER」の単独取材に応じ、強さを見せつけた20歳の成長具合、チームでの立ち位置について語ってくれた。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

――入学時、初めて会った頃の印象は?

「非常に才能豊かで、ポテンシャルも高い。(今も)まだ改善の余地はあるが…。でも、彼は素晴らしい。素晴らしいよ」

――他の米国選手と比べ、成長スピードはどう?

「彼が速くなれば、チームメートも速くなる。チームメートが速くなれば、彼もそうだ。だから、成長のスピードは同じかな」

――米国への適応力はどうだった?

「少しタフな取り組みだったと思う。でも、チームやコーチが手助けしてくれたんだ。基本的には、自力で何でもできるようになった。もし助けが必要なら、フロリダ大が手助けしてくれる。それを彼は理解しているよ」

――フロリダ大での指導方針は?

「彼を他のみんなと同様に扱うこと。ちゃんと授業に行き、良い成績を収め、時間を守って練習やトリートメントに来ることだ」

――何が彼を成長させた?

「彼は心を開いた。よく話すようになったし、オープンに話す。本当に楽しんでいるよ」

――本人は英語や勉強でも苦労したと話している。今の英語力は?

「当初、来た時よりもずっと良い。みんなと会話ができる。自分で街を歩き回ることもできるし、もう僕らと同じレベルだよ」

1 2
インターハイ(インハイ.tv) | スポーツブル(スポブル)
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集