[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

サニブラウンは「余力あった」 肉薄の小池祐貴は脱帽「後半で離そうと思ったが…」

世界選手権(9月27日開幕・ドーハ)の代表選考を兼ねた陸上の日本選手権は30日、福岡・博多の森陸上競技場で男子200メートル決勝が行われ、100メートル日本記録保持者のサニブラウン・ハキーム(フロリダ大)が20秒35(向かい風1.3メートル)で100メートルに続く2冠を達成した。2位には20秒48で小池祐貴(住友電工)が入った。

200メートルの表彰台に上がった小池祐貴、サニブラウン、桐生祥秀(左から)【写真:奥井隆史】
200メートルの表彰台に上がった小池祐貴、サニブラウン、桐生祥秀(左から)【写真:奥井隆史】

サニブラウンに食い下がり、自信も強調「ある程度まとめたレースができた

 世界選手権(9月27日開幕・ドーハ)の代表選考を兼ねた陸上の日本選手権は30日、福岡・博多の森陸上競技場で男子200メートル決勝が行われ、100メートル日本記録保持者のサニブラウン・ハキーム(フロリダ大)が20秒35(向かい風1.3メートル)で100メートルに続く2冠を達成した。2位には20秒48で小池祐貴(住友電工)が入った。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 サニブラウンをひやりとさせた。隣の5レーンからスタート。直線入り口で前に出られたが、そこから最後まで食い下がり、2年連続の2位。3位の桐生祥秀(日本生命)には先着を許さなかった。

「まあ前半行かれると思っていたので、後半で離そうと思ったんですけど、ちょっと向こうの方が余力があったなという感じでした」

 サニブラウンの強さに脱帽しつつも「コンディションが悪くても、結構な本数をこの(レース)前に走っていても、ここまである程度まとめたレースができた。大きいレースでも、自信になっていくかなと思います」とも話していた。

 100メートルで3位。200メートルで2位。昨年のアジア大会、200メートルで同種目日本勢12年ぶりの金メダルを獲得した男が、また一つ自信を掴んだ。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集