[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

サニブラウン、3種目で世陸へ 前回銅メダルのリレーは「断然速くなっている」と自信

世界選手権(9月27日開幕・ドーハ)の代表選考を兼ねた陸上の日本選手権は30日、福岡・博多の森陸上競技場で男子200メートル決勝が行われ、100メートル日本記録保持者のサニブラウン・ハキーム(フロリダ大)が20秒35(向かい風1.3メートル)で100メートルに続く2冠を達成した。

100メートルに続く2冠を達成したサニブラウン・ハキーム【写真:奥井隆史】
100メートルに続く2冠を達成したサニブラウン・ハキーム【写真:奥井隆史】

世界陸上へは100、200メートル、400メートルリレーの3種目での出場が確実

 世界選手権(9月27日開幕・ドーハ)の代表選考を兼ねた陸上の日本選手権は30日、福岡・博多の森陸上競技場で男子200メートル決勝が行われ、100メートル日本記録保持者のサニブラウン・ハキーム(フロリダ大)が20秒35(向かい風1.3メートル)で100メートルに続く2冠を達成した。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 やっぱりサニブラウンは強かった。激しい雨、向かい風、そして連戦の疲労。それでも4レーンから力強く切り裂いた。爆発力こそ影を潜めていたが、直線入り口で先頭に立ち危なげなくゴール。2位の小池祐貴には0秒13の差をつけた。

 2大会連続で2冠達成。これで世界選手権は100、200メートルに加えて、出場が有力視される400メートルリレーの3種目でメダルを目指す戦いとなる。

「世界選手権ではもっと強い選手たちがいるので、自分のベストが尽くせるように、今からしっかり課題を持って帰って練習して、最高のレースができるよう調整していきたい」と力を込めた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集