[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

サニブラウンは“世界基準”で生きていた 米国人コーチが告白した2年間の成長曲線

陸上の男子100メートル日本記録保持者サニブラウン・ハキーム(フロリダ大)が、短距離2種目における40年ぶりの2度目2冠を達成し、幕を閉じた日本選手権。2年ぶりの母国凱旋レースで圧巻の強さを見せつけた。

日本選手権で2冠を達成したサニブラウン・ハキーム【写真:奥井隆史】
日本選手権で2冠を達成したサニブラウン・ハキーム【写真:奥井隆史】

20歳が米国挑戦で変われた理由、フロリダ大ライト氏が見たサニブラウンの姿

 陸上の男子100メートル日本記録保持者サニブラウン・ハキーム(フロリダ大)が、短距離2種目における40年ぶりの2度目2冠を達成し、幕を閉じた日本選手権。2年ぶりの母国凱旋レースで圧巻の強さを見せつけた。今大会は、2017年秋に進学した米フロリダ大のサブコーチである25歳のアントワン・ライト氏が帯同。18歳で海を渡り、異国の地で世界の猛者たちと過ごす中で得た“世界基準”の強さがある。同コーチは「THE ANSWER」の単独取材に応じ、2年間の成長過程、大学の指導方針などを明かした。

【特集】「跳ぶと絶対に笑顔になれる」 第一人者が語るトランポリンの魅力 / トランポリン 廣田遥さん(GROWINGへ)

 17年日本選手権。サニブラウンは粗削りながら、豪快な走りで先輩たちを抜き去り2冠を得た。高校を卒業したばかりだった18歳は、日本一に初々しさを覗かせていた。将来の夢は世界の頂点。今大会の200メートル決勝後、報道陣で溢れ返ったミックスゾーンに現れたライト氏へ呼びかけると、足を止めた。入学時に可能性を秘める逸材を見たライト氏は「非常に才能豊かで、ポテンシャルも高い。彼は素晴らしい。素晴らしいよ」と当時の印象を振り返った。

 今年6月の全米大学選手権では、桐生祥秀(日本生命)の日本記録を0秒01更新する9秒97をマークした。日本国内では快挙に沸いた。しかし、本人はいたって冷静で「ボコボコにやられた」と3位の結果を悔やんだ。9秒台は当たり前の世界。今大会の2冠についても「やることをやっただけなので、特別な思いはないかもしれないですね」と淡々と話す。日本新へ急成長を遂げたように思えるが、米国基準では違うようだ。ハイレベルな環境についてライト氏は語る。

「彼が速くなれば、チームメートも速くなる。チームメートが速くなれば、彼も速くなる。だから、成長のスピードは他の選手と同じかな。大学での指導方針は、彼を他のみんなと同様に扱うこと。ちゃんと授業に行き、良い成績を収め、時間を守って練習やトリートメントに来ることだ。

 そして、チームは勝利を欲する人間で溢れている。前進するため、互いに助け合い、個人ではなくチームが大事であると理解している。目標はフロリダ大がタイトルを取り戻すこと。我々がベストになるため、互いを高め合っている。最高のチームになるために、互いに助け合っているんだ」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プロ野球開幕、徹底ライブ中継に見逃し配信も
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集