[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、衝撃弾後に生まれた“独特ハイタッチ”に米記者興味「議論する時かも…」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は30日(日本時間1日)、本拠地アスレチックス戦に「3番・指名打者」でスタメン出場し、今季初の1試合2発を放った。口火を切った4回の11号ソロは泳がされながら、ほぼ右手一本で右中間に叩き込む衝撃弾。米メディア、ファンを唖然とさせていたが、米記者は本塁打後に見せた“独特ハイタッチ”に脚光。

本塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
本塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

驚きの“右手一本弾”直後、ベンチ内で見せた行動が話題に…

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は30日(日本時間1日)、本拠地アスレチックス戦に「3番・指名打者」でスタメン出場し、今季初の1試合2発を放った。口火を切った4回の11号ソロは泳がされながら、ほぼ右手一本で右中間に叩き込む衝撃弾。米メディア、ファンを唖然とさせていたが、米記者は本塁打後に見せた“独特ハイタッチ”に脚光。実際のシーンを動画付きで公開し、「議論する時かも…」と興味を寄せている。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 打ってから帰ってくるまで、大谷らしさに溢れていた。2点を追う4回先頭、大谷は2-2から右腕バシットが投じたカーブに反応。緩い変化球にタイミングをずらされ、体勢が泳ぎながら右手一本で振り切った。それでも、舞い上がった打球はぐんぐん伸びる。フェンスをよじ登った中堅手を越え、豪快なアーチとなった。打たれたバシットも打球方向を見て、呆然とするしかない。

 その直後にもう一つ、印象的なシーンが生まれた。騒然とした空気の中、大谷は淡々とダイヤモンドを一周。そして、ベンチに入った時だった。前列と後列に分かれている選手の間を通っていく大谷。すると、両手を突き上げ、バンザイでもするかのように両サイドの選手と同時にハイタッチを繰り返す。それも、独特のリズムで。最後まで終えると、満足げな笑みを浮かべていた。

 こんなコミカルなシーンに熱視線を注いでいたのが、米スポーツメディア「ジ・アスレチック」のエンゼルス番を務めるファビアン・アルダヤ記者だ。自身のツイッターに、実際のシーンを動画付きで公開した上で「ショウヘイ・オオタニのハイタッチのフォームについて議論する時かもしれない」と投稿。以前から注目していた様子で興味を示している。

 8回にも右翼席に12号ソロを放ち、今季初の1試合2発。6月は自己最多9本のアーチを描いたが、こうした一挙手一投足までスポットライトを浴びるのは期待の裏返しか。豪快な一発を放った直後のハイタッチも今後は注目を浴びそうだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集