[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

サニブラウンは“世界基準”で生きていた 米国人コーチが告白した2年間の成長曲線

「みんなで速くなる」の言葉に凝縮されていたフロリダ大で学んだ姿

 2度目の2冠でもサニブラウンは「内容は違う2冠になった。2017年はただ、走っているだけだった。今回はいろんなことを考えながら走った」と異なる感覚がある。日本のピストル音のタイミングに苦戦し、反応速度は遅れた。課題克服のために、100メートルはスタートで両膝を下げて走った。腰を上げるタイミングを早める反復練習も。200メートルはスムーズにスタートを切ることを意識し、いつも通りのやり方に戻した。自ら試行錯誤し、本番で修正する。これも一つの成長だ。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

「自分が挑戦してきたことを証明するいい機会になった。自分が成果を見せることであとに続く高校生や、他の若い人にとって、外国コーチなどいろんな環境でもまれるチャレンジができれば。ずっと同じコーチとやるのではなく、いろんなことを試して新しいものを見つけることも大事。オープンマインドで自分に合ったものを見つけて。

 やりたいことの視野を広げられる。陸上だけでなく、人として成長できるので是非挑戦してほしいですね。世界で速い選手は悪天候でも自分のやるべきことをやって、力を出す。日本の短距離界のレベルも上がっているし、自分が海外に出て日本に戻ってくることで、日本の選手と切磋琢磨してみんなで速くなっていければ」

 20歳にして後進のことまでも考えている。「みんなで速くなる」の言葉に、フロリダ大で学んだ姿が凝縮されているように見えた。将来的にどんな選手になれるのか。最後にライト氏は言った。

「可能な限りベストになること。もちろん、より速く走れるように計画している。将来的に何秒出せるかなんてわからない。ただ、今は彼に健康でいて欲しいと思っているよ」

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集