[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

サニブラウン、世陸で虎になる 大物ぶり発揮「五輪だろうが名前が付いてくるだけ」

日本陸上連盟は1日、福岡市内で会見し、世界選手権(9月27日開幕・ドーハ)の代表内定選手10人を発表した。6月30日まで行われた日本選手権で、40年ぶりに男子100メートルと200メートルの短距離2冠を達成したサニブラウン・ハキーム(フロリダ大)らを選出。会見では代表の新ユニホームをお披露目し、「虎のように速くフィールドを駆け抜けられればいい」と強い決意を示した。

会見に出席したサニブラウン・ハキーム(中央左)【写真:編集部】
会見に出席したサニブラウン・ハキーム(中央左)【写真:編集部】

9月世界陸上3種目出場へ、代表新ユニお披露目「虎のように速く駆け抜ける」

 日本陸上連盟は1日、福岡市内で会見し、世界選手権(9月27日開幕・ドーハ)の代表内定選手10人を発表した。6月30日まで行われた日本選手権で、40年ぶりに男子100メートルと200メートルの短距離2冠を達成したサニブラウン・ハキーム(フロリダ大)らを選出。会見では代表の新ユニホームをお披露目し、「虎のように速くフィールドを駆け抜けられればいい」と強い決意を示した。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 2年ぶりに出場した日本選手権では、両種目とも出場2大会連続優勝。日本選手権で100メートルと200メートルの2冠を2度達成するのは、1947、49年の生駒一太、77、79年の豊田敏夫以来40年ぶり3人目の快挙だった。日本のスプリント界を引っ張る存在に成長した男は会見に先立ち、アシックス社の代表新ユニホームを着て登場した。

 サニブラウンは「デザインのぱっと見が虎のような柄。コンセプトが砂漠のようなデザイン。虎のように速くフィールドを駆け抜けられればいい」と堂々の“虎宣言”だ。その後の会見では「まず100、200メートルで内定して一安心。まだ課題はあるので、フロリダに戻って、ベストパフォーマンスをドーハでできたらいい」と世界の猛者たちへの挑戦に向け、思いを語った。

 28日の100メートル決勝では、2位の桐生に0秒14の大差をつける大会新記録10秒02をマーク。短距離2種目で2大会連続の世陸切符を手にし、400メートルリレーにも出場する。前回17年ロンドン大会の世陸では、200メートルで史上最年少18歳5か月で決勝に進出して7位入賞。100メートル準決勝では、スタート直後につまずくミスで10秒28だった。今年の大舞台で決勝進出を果たせば、同種目日本初の快挙。表彰台に立った日本人最上位は、東京五輪代表に内定する。

 大会に向け「記録などの明確な目標はないけど、日本選手権もそうですけど、全米学生選手権でも出た課題を修正して、練習でやったことを試合で出せるように調整していきたい」と語った。ジュニア時代から世界の舞台を経験したことについて問われ、「まあ、今回は3回目(の出場)になるけど、世界大会だろうが、オリンピックだろうが一つの大会ですし、名前が付いてくるだけだと思っているので、自分のやるべきことに集中していきたい」と言ってのけた。

 17年大会は多田修平、飯塚翔太、桐生祥秀、藤光謙司の4人で史上初の銅メダルを手にした。100、200メートルに加え、“リレー侍”でも爆発力を加える。

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平/ Yohei Hamada)

プロ野球開幕! 徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プロ野球開幕、徹底ライブ中継に見逃し配信も
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集