[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、投手も顔こわばる“右手一本弾”に米ファン唖然「イチロー彷彿させる」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は30日(日本時間1日)、本拠地アスレチックス戦に「3番・指名打者」でスタメン出場し、今季初の1試合2発を放った。口火を切った4回の11号ソロは泳がされながら、ほぼ右手一本で右中間に叩き込む衝撃弾。投手も呆然となった一発をエンゼルスも動画付きで公開。「イチローを彷彿させる」と米ファンも唖然としている。

本塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
本塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

右手一本でフェンスオーバー、「心に留めておいて、彼は投手だ…」の声

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は30日(日本時間1日)、本拠地アスレチックス戦に「3番・指名打者」でスタメン出場し、今季初の1試合2発を放った。口火を切った4回の11号ソロは泳がされながら、ほぼ右手一本で右中間に叩き込む衝撃弾。投手も呆然となった一発をエンゼルスも動画付きで公開。「イチローを彷彿させる」と米ファンも唖然としている。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 エンゼルスファンでさえ、驚きが収まらない。衝撃の一発は2点を追う4回先頭で生まれた。大谷は2-2から右腕バシットが投じたカーブに反応。ただ、緩い変化球にタイミングをずらされ、体勢が泳いだ。しかし、そこは日本が誇る怪物だ。バットで押し込んだと当時に左手は離れ、右手一本となった。飛距離は出にくいと思いきや、打球が怪物ぶりを証明した。

 高々と舞った打球はぐんぐん伸びていく。中堅手が背走し、フェンスをよじ登った。まさか――。白球はさらにその上を行き、フェンスオーバーだ。信じられないような一発にスタジアムは瞬く間に騒然た。打たれたバシットが顔をこわばらせ、センター方向を見つめているのが印象的だった。そんな中、背番号17は平然とダイヤモンドを一周するから、なんとも心憎い。

 衝撃の“右手一本弾”の瞬間を、米メディアも大興奮で速報していたが、エンゼルスも球団公式インスタグラムに動画付きで公開。目の当たりにした米ファンからため息が漏れている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集