[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

NYの街中で「クレオパトラの子?」 安藤美姫がフィギュア選手として求めたメイクの流儀

安藤さんがクレオパトラを演じた2010年バンクーバー五輪出場時のフリー【写真:Getty Images】
安藤さんがクレオパトラを演じた2010年バンクーバー五輪出場時のフリー【写真:Getty Images】

最も思い入れの強いメイクは「バンクーバー五輪のフリー」

 最も思い入れの強いメイクに、クレオパトラを演じた2010年バンクーバー五輪出場時のフリープログラムを挙げる。

 五輪シーズンとなった2009-2010年。安藤さんはこのプログラムに、なんと5種類の衣装を用意し、それに合わせて5種類のメイクを考えた。

「ひとつのプログラムに対し、5種類も衣装を用意することはあまりないと思います。これもニコライコーチの意向。『五輪は特別。いろんなバリエーションを着て、最終的に何を着るかを決める』と話をされました。

 そうする理由の一つは、会場のフェンス(アイスリンクを囲む壁)の色です。例えば、トリノは赤、平昌は紫、バンクーバーはグリーン系、ソチや今回の北京はブルーでしたが、直前までボードの色がわからない。それで、五輪会場のボードの色に合わせて衣装を選べるように、と5種類用意しました。結局は五輪本番用に、エメラルドグリーンの衣装を新たに作ったんですけれど(笑)」

 当時、フィギュアスケート界では「メダリストになるにはブルーの衣装がいい」というジンクスが選手間にあったという。しかし、安藤さんはプログラムのイメージから「ブルーはちょっと違う」と考えた。

「私は、『ザ・クレオパトラ』という衣装がよかった。それで、高貴な印象のエメラルドグリーンを基調にすること、エジプシャンのイメージに寄せること、そして、気持ちが落ち着くように、シンメトリーのデザインにすることなどを決めました。

 この五輪用の衣装は、母と一緒に、漫画家の折原みと先生がデザインしてくださったんですよ」

 迎えた五輪。安藤さんはショートプログラムを終えた翌日、長かった髪をバッサリ切り、フリープログラムに臨んだ。クレオパトラを彷彿させる直線的なボブスタイルと、グリーンとゴールド、イエローをグラデーションした印象的な目元。大胆なイメチェンは五輪だからこその決断? と聞くと「いえいえ、関係ありません」と笑った。

「実はあんまり審判へのアピールとか考えていなくて、シニヨンじゃないなー、切っちゃおうかなーみたいな軽いノリです。

 クレオパトラのプログラムはそれまで、シニヨンに大きめのアクセサリーをつけて滑っていました。でも、ショートプログラムを滑り終わった後、急に思いついたんです。『クレオパトラって、シニヨンしてないよね?』って。

 衣装もせっかく新調したし、気分転換にもなるかな、と思って切りましたが、結果、よかったです」

「よかった」という短い言葉には、安藤さんのスケートに対する想いがギュッと詰まっている。

1 2 3 4

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビュー記事、健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌で編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(中野ジェームズ修一著)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、以上サンマーク出版)、『走りがグンと軽くなる 金哲彦のランニング・メソッド完全版』(金哲彦著、高橋書店)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集