[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“8割ゴルフ”で6位浮上の西村優菜 「ゴルフ偏差値」の高さ発揮「今日は距離求めずに」

女子ゴルフの国内ツアー開幕戦・ダイキンオーキッドレディスは4日、沖縄・琉球GC(6590ヤード、パー72)で第2日が行われた。ツアー4勝の西村優菜(スターツ)が、4バーディー、1ボギーの69で回り、通算4アンダーで6位に浮上した。28位で終えた初日にドライバーが不振だったことで、「80%の力で打つ」と徹底。持ち前の対応力を見せつけ、上位に絡んできた。首位は通算8アンダーの黄アルムで、2位には1打差の通算7アンダーで渡邉彩香がつけている。昨季賞金女王の稲見萌寧は69で回り、61位から13位に順位を上げた。

ダイキンオーキッドレディス、通算4アンダーで6位に浮上した西村優菜【写真:Getty Images】
ダイキンオーキッドレディス、通算4アンダーで6位に浮上した西村優菜【写真:Getty Images】

今季ツアー開幕戦ダイキンオーキッドレディス第2日

 女子ゴルフの国内ツアー開幕戦・ダイキンオーキッドレディスは4日、沖縄・琉球GC(6590ヤード、パー72)で第2日が行われた。ツアー4勝の西村優菜(スターツ)が、4バーディー、1ボギーの69で回り、通算4アンダーで6位に浮上した。28位で終えた初日にドライバーが不振だったことで、「80%の力で打つ」と徹底。持ち前の対応力を見せつけ、上位に絡んできた。首位は通算8アンダーの黄アルムで、2位には1打差の通算7アンダーで渡邉彩香がつけている。昨季賞金女王の稲見萌寧は69で回り、61位から13位に順位を上げた。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 西村は割り切って、自分のゴルフに徹した。「初日、ドライバーが荒れてしまったので、今日は距離を求めずに80%の力で打っていました」。ドライバーショットで同組の稲見、西郷真央に20ヤード、30ヤードと置いていかれても、「仕方ない。気にしない」と思い、フェアウェーにボールを置き続けた。オフの間、飛距離アップを目指してトレーニングを重ねてきたが、そこにはこだわらずにスコアメイクした。

 文字通り、「ゴルフ偏差値」の高さを見せつけた形だ。同期でプラチナ世代の古江彩佳に負けず劣らず、西村は「今、何が必要かを考えて実行できる選手」と定評がある。だからこそ、飛距離で劣ってもツアー参戦2年で4勝を重ねてきた。

 そして、今季も開幕戦の予選ラウンドを終えて好位置。西村は2日間を振り返って、「気持ちのいいゴルフができていますし、マネジメントもできています。明日を終えて、いい位置で最終日を迎えられたらと思います」と言った。その言葉には自信と余裕が感じられた。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集