[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「分からない、奇妙だった」 ゴルフ全米王者の25cmパットミス、本人が語った原因とは

米男子ゴルフで生まれたミスパット。その真相を本人が語った。アーノルド・パーマー招待(ベイヒルC&L、7466ヤード、パー72)第1日。ジョン・ラーム(スペイン)が10インチ(約25センチ)のパーパットを外した。PGAツアー公式ツイッターが今季最短のミスとデータを動画付きで紹介し、話題になっていたが、ラウンド後の本人のコメントをPGAツアー公式サイトが掲載している。

アーノルド・パーマー招待に出場しているジョン・ラーム【写真:Getty Images】
アーノルド・パーマー招待に出場しているジョン・ラーム【写真:Getty Images】

ジョン・ラームの25cmパットミス「世界中の全てを言い訳にすることができれば…」

 米男子ゴルフで生まれたミスパット。その真相を本人が語った。アーノルド・パーマー招待(ベイヒルC&L、7466ヤード、パー72)第1日。ジョン・ラーム(スペイン)が10インチ(約25センチ)のパーパットを外した。PGAツアー公式ツイッターが今季最短のミスとデータを動画付きで紹介し、話題になっていたが、ラウンド後の本人のコメントをPGAツアー公式サイトが掲載している。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 目を疑うようなシーンだった。7番パー3、ラームはおよそ25センチを残したイージーパットをパターに当てたが、5センチ程度転がっただけ。本人はパターのフェースに手をやり、バツが悪そうな表情だった。結局、このホールはボギーとなった。

 この模様をPGAツアー公式ツイッターが紹介。「1フィート以内の成功率:99.96% これは、今季のツアーにおける最短距離のミス」とデータを伝え、ファンからも「ひどいね」「減速100%」「自分もやったことある」などと驚きの声が上がった。昨年の全米オープン王者はまさかの一打に崩れることなく、後半に3つのバーディーを奪い、この日はイーブンパーとしたものの、あの場面は何があったのか。

 PGAツアー公式サイトは本人のコメントを紹介。「世界中の全てを言い訳にすることができればいいのだが」と悔やんだラームは「手の感触も良くなかったし、止めようとしたんだけれど、止まらなかった。とにかく止まらなかったんだ。分からないよ。とても奇妙だった」と語り、手が止まらずにボールに触れてしまったことが原因と明かした。

「これまで色んなことを見てきたし、パターが芝の目に少し引っかかって戻ってしまい、おかしな動きをするのも見てきた。足元で色んなものを見てきた。世界最高のパターのいくつかが、適切なスタンスを取らないためにミスになるというのも見てきた」

 こう語ったラームは「正直、あんなショットを失敗してしまったのは最悪だよ」というコメントも残した。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集