[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

リーチ・マイケルの記事一覧

  • リーチ、初黒星にがっくり 終盤失速、首位パナソニックとの差は「わかんないです」

    2020.02.15

    ラグビーのトップリーグ(TL)第5節は15日、埼玉・熊谷ラグビー場の第2試合でパナソニック―東芝の全勝対決が行われ、パナソニックが46-27で制して開幕5連勝し、首位をキープした。パナソニックのPR稲垣啓太、HO堀江翔太、SO松田力也、東芝のNO8リーチ・マイケルと昨年のワールドカップ(W杯)日本代表メンバー4人がスタメン出場。観衆は満員の2万2705人が集まったなか、リーチは今季初黒星で首位チームに地力の差を見せつけられた。

  • パナソニック、5連勝の原動力はリザーブ 主将・堀江も満足「期待通りの動きをしてくれた」

    2020.02.15

    ラグビーのトップリーグ(TL)第5節は15日、埼玉・熊谷ラグビー場の第2試合でパナソニック―東芝の全勝対決が行われ、パナソニックが46-27で制して開幕5連勝。首位をキープした。パナソニックのPR稲垣啓太、HO堀江翔太、SO松田力也、東芝のNO8リーチ・マイケルと昨年のワールドカップ(W杯)日本代表メンバー4人がスタメン出場。第1試合のキヤノン―ホンダに続き、熊谷は満員となった。観衆は2万2705人だった。

  • パナソニック、激戦の全勝対決制して開幕5連勝 満員熊谷で首位キープ、東芝は初黒星

    2020.02.15

    ラグビーのトップリーグ(TL)第5節は15日、埼玉・熊谷ラグビー場の第2試合でパナソニック―東芝の全勝対決が行われ、パナソニックが46-27で制して開幕5連勝。首位をキープした。パナソニックのPR稲垣啓太、HO堀江翔太、SO松田力也、東芝のNO8リーチ・マイケルと昨年のワールドカップ(W杯)日本代表メンバー4人がスタメン出場。第1試合のキヤノン―ホンダに続き、熊谷は満員となった。観衆は2万2705人だった。

  • サンウルブズ開幕戦白星 リーチは860km離れた横浜で歓喜「ロッカールームで喜んだ」

    2020.02.01

    スーパーラグビー第1節は1日、サンウルブズ―レベルズ戦が福岡・レベルファイブスタジアムで行われ、今季限りでリーグからの除外が決まっているサンウルブズが36-27で下し、参入5年目で初となる開幕戦白星を挙げた。日本代表のリーチ・マイケル(東芝)は神奈川で行われたトップリーグの試合後に取材対応。サンウルブズの勝利を喜んだ。

  • リーチ、松島の海外移籍歓迎「若手に夢与える」 活躍も期待「彼は世界トップレベル」

    2020.02.01

    ラグビーのトップリーグ(TL)第4節は1日、16位で最下位に沈む三菱重工相模原と3位の東芝戦がニッパツ三ツ沢球技場で行われ、東芝が45-26で開幕4連勝を飾った。リーチ・マイケルはNO8で先発。序盤からリードされる展開となったが、4度同点に追いつく粘りを見せた末に逆転勝ちした。リーチは試合後の取材で、フランス移籍が決まった松島幸太朗(サントリー)の活躍を期待した。

  • リーチ、南ア戦から“84日後の再出発” 代表入りへ衰えぬ闘志「ゼロからのスタート」

    2020.01.13

    国内最高峰のラグビーリーグ、ジャパン・ラグビー・トップリーグ(TL)が12日に全国各地で開幕。秩父宮ラグビー場では東芝―サントリー戦が行われ、東芝が26-19で勝利を手にした。東芝はNO8リーチ・マイケル、サントリーはSH流大、FB松島幸太朗が先発。2万1564人の観客が集まった中、昨秋のワールドカップ(W杯)で日本代表主将を務めたリーチが「ゼロからのスタート」と位置付けたシーズンが幕を開けた。

  • リーチ「勝ったから何言われても大丈夫」 松島&流からの“いじり”にも上から目線

    2020.01.12

    国内最高峰のラグビーリーグ、ジャパン・ラグビー・トップリーグ(TL)が12日に全国各地で開幕。秩父宮ラグビー場では東芝―サントリー戦が行われ、東芝が26-19で勝利を手にした。東芝はNO8リーチ・マイケル、サントリーはSH流大、FB松島幸太朗が先発。2万1564人の観客が集まった中、日本代表同士の対決が実現し、リーチは両選手からタックルが「強くない」といじられる一幕もあった。

  • リーチ主将、大会後初「arigatou」投稿に感謝の嵐、5万超反響「侍の生まれ変わりだ」

    2019.10.23

    ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で8強入りした日本代表主将のリーチ・マイケルが20日の敗退後、初めてツイッターを更新。南アフリカ戦後のピッチ上で撮られた選手、スタッフの印象的な集合写真とともに、英語で「サポートをarigatou(ありがとう)」と仲間に対するメッセージを発信した。

  • 1枚の写真に浮かんだ“心の内側” 主将リーチが歓喜の輪で見せた、一瞬の表情

    2019.09.29

    ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は28日、世界ランク9位日本が同2位アイルランドと静岡・エコパスタジアムで対戦し、19-12で撃破。大番狂わせを演じて開幕2連勝で勝ち点9に伸ばし、初の決勝トーナメント進出に前進した。

  • アイルランドを狂わせたたった一つのプレー 廣瀬俊朗の目「相手の強みを見事に消した」

    2019.09.29

    ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は28日、A組第2戦で世界ランク9位日本が同2位アイルランドと静岡・エコパスタジアムで対戦し、19-12で歴史的金星を挙げた。勝ち点を9として、目標に掲げる決勝トーナメント進出に大きく前進した。 2015年の南アフリカ撃破を彷彿とさせるジャイアントキリングを、なぜ起こせたのか。元日本代表主将で、4年前の日本の躍進を“影のリーダー”として支えた廣瀬俊朗氏はどう見ているのか――。「THE ANSWER」に語った。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集