[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

リーチ・マイケルの記事一覧

  • リーチ、南ア戦から“84日後の再出発” 代表入りへ衰えぬ闘志「ゼロからのスタート」

    2020.01.13

    国内最高峰のラグビーリーグ、ジャパン・ラグビー・トップリーグ(TL)が12日に全国各地で開幕。秩父宮ラグビー場では東芝―サントリー戦が行われ、東芝が26-19で勝利を手にした。東芝はNO8リーチ・マイケル、サントリーはSH流大、FB松島幸太朗が先発。2万1564人の観客が集まった中、昨秋のワールドカップ(W杯)で日本代表主将を務めたリーチが「ゼロからのスタート」と位置付けたシーズンが幕を開けた。

  • リーチ「勝ったから何言われても大丈夫」 松島&流からの“いじり”にも上から目線

    2020.01.12

    国内最高峰のラグビーリーグ、ジャパン・ラグビー・トップリーグ(TL)が12日に全国各地で開幕。秩父宮ラグビー場では東芝―サントリー戦が行われ、東芝が26-19で勝利を手にした。東芝はNO8リーチ・マイケル、サントリーはSH流大、FB松島幸太朗が先発。2万1564人の観客が集まった中、日本代表同士の対決が実現し、リーチは両選手からタックルが「強くない」といじられる一幕もあった。

  • リーチ主将、大会後初「arigatou」投稿に感謝の嵐、5万超反響「侍の生まれ変わりだ」

    2019.10.23

    ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で8強入りした日本代表主将のリーチ・マイケルが20日の敗退後、初めてツイッターを更新。南アフリカ戦後のピッチ上で撮られた選手、スタッフの印象的な集合写真とともに、英語で「サポートをarigatou(ありがとう)」と仲間に対するメッセージを発信した。

  • 1枚の写真に浮かんだ“心の内側” 主将リーチが歓喜の輪で見せた、一瞬の表情

    2019.09.29

    ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は28日、世界ランク9位日本が同2位アイルランドと静岡・エコパスタジアムで対戦し、19-12で撃破。大番狂わせを演じて開幕2連勝で勝ち点9に伸ばし、初の決勝トーナメント進出に前進した。

  • アイルランドを狂わせたたった一つのプレー 廣瀬俊朗の目「相手の強みを見事に消した」

    2019.09.29

    ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は28日、A組第2戦で世界ランク9位日本が同2位アイルランドと静岡・エコパスタジアムで対戦し、19-12で歴史的金星を挙げた。勝ち点を9として、目標に掲げる決勝トーナメント進出に大きく前進した。 2015年の南アフリカ撃破を彷彿とさせるジャイアントキリングを、なぜ起こせたのか。元日本代表主将で、4年前の日本の躍進を“影のリーダー”として支えた廣瀬俊朗氏はどう見ているのか――。「THE ANSWER」に語った。

  • リーチが相手ロッカー訪問 粋な“日本刀贈呈”に大会公式も感銘「ピッチ離れれば友」

    2019.09.22

    ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会が20日に開幕し、日本は開幕戦でロシアに30-10で白星発進した。ボーナスポイントを含め、勝ち点5を獲得して最高のスタートを切った日本だったが、試合後にリーチ・マイケル主将が相手ロッカーを訪問し、粋なプレゼントを贈ったことが話題を呼んでいる。ロシア協会公式ツイッターが実際の画像とともに紹介し、海外ファンに感動が広がっていたが、大会公式ツイッターも「すべてはこれに尽きる」と感銘を受けた様子でつづっている。

  • リーチ、勝利後に相手ロッカー訪問 “粋な贈り物”に海外感動「なんて素晴らしい!」

    2019.09.21

    ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会が20日に開幕し、日本は開幕戦でロシアに30-10で白星発進した。ボーナスポイントを含め、勝ち点5を獲得して最高のスタートを切った日本だったが、試合後にリーチ・マイケル主将が相手ロッカーを訪問し、粋なプレゼントを贈ったことが話題を呼んでいる。ロシア協会公式ツイッターが実際の画像とともに紹介し、海外ファンに「これがラグビーのすべて!」「なんて素晴らしい!」と感動が広がっている。

  • 日本、キック処理でミス連発の理由 リーチ主将「眩しくなかった。見えていた」が…

    2019.09.20

    ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会が20日に東京スタジアムで開幕。日本は開幕戦をロシアと戦い、30-10で白星発進とした。前半はロシアに先制トライを許す苦しい立ち上がりとなったが、終了直前に松島がこの日2つ目のトライで逆転。後半は日本が主導権を握る展開で勝利を掴み取った。日本は計4トライでボーナスポイント1も含め、勝ち点5を獲得。好発進を切ったが、前半はロシアのキック攻撃に苦しんだ。想定はしていたはずだが……。リーチ・マイケル主将は試合後にプレッシャーがあったと明かした。

  • 日本代表に何が足りないのか 南ア戦完敗に選手が痛感した「ティア1とティア2」の差

    2019.09.07

    ラグビー日本代表は6日、「リポビタンDチャレンジカップ2019 南アフリカ戦」(熊谷ラグビー場)に臨み、7-41と大敗した。ワールドカップ(W杯)前の最終テストマッチでついた34点差。試合後、日本の選手たちは実際にグラウンドで体感した実力差以上の点差に驚きと落胆の様子を隠せなかった。

  • “ワンチーム”でジョセフHCに届けた吉報 トンガ戦の裏側にあった「16人目」の献身

    2019.08.06

    パシフィック・ネーションズ・カップ(PNC)第2戦で、日本代表はトンガ代表に41-7と快勝。フィジー代表戦に続き開幕2連勝を飾った。試合後のセレモニーに立ったFLリーチ・マイケル主将(東芝)の両腕には、ジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC)と母マウデさんのツーショット写真が抱えられていた。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集