[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

リーチ、初黒星にがっくり 終盤失速、首位パナソニックとの差は「わかんないです」

ラグビーのトップリーグ(TL)第5節は15日、埼玉・熊谷ラグビー場の第2試合でパナソニック―東芝の全勝対決が行われ、パナソニックが46-27で制して開幕5連勝し、首位をキープした。パナソニックのPR稲垣啓太、HO堀江翔太、SO松田力也、東芝のNO8リーチ・マイケルと昨年のワールドカップ(W杯)日本代表メンバー4人がスタメン出場。観衆は満員の2万2705人が集まったなか、リーチは今季初黒星で首位チームに地力の差を見せつけられた。

完敗に肩を落とすリーチ・マイケル【写真:宮内宏哉】
完敗に肩を落とすリーチ・マイケル【写真:宮内宏哉】

リーチ擁する東芝が首位パナソニックに敗戦、観衆2万人に「景色はかなり違う」

 ラグビーのトップリーグ(TL)第5節は15日、埼玉・熊谷ラグビー場の第2試合でパナソニック―東芝の全勝対決が行われ、パナソニックが46-27で制して開幕5連勝し、首位をキープした。パナソニックのPR稲垣啓太、HO堀江翔太、SO松田力也、東芝のNO8リーチ・マイケルと昨年のワールドカップ(W杯)日本代表メンバー4人がスタメン出場。観衆は満員の2万2705人が集まったなか、リーチは今季初黒星で首位チームに地力の差を見せつけられた。

 首位チームに力及ばなかった。立ち上がりから主導権を握った東芝。先制トライからリードを広げる展開となり、一時は逆転を許したが、後半も先手を取った。スペースを使って外に出すなど、新たなスタイルを垣間見せる。しかし激戦の末、終盤にパナソニックの猛攻を受けて万事休す。地力の差を見せつけられたリーチは、こう振り返った。

「前半は東芝がやろうとしていたことがしっかりとできたと思います。80分通してだと、相手のスコアによって崩れかけて、それで連続トライを獲られて、僕らがプレッシャーを感じることが多くなりました」

 勝ち点に差はあったものの、同じ全勝同士の対決。今季4戦全てでボーナスポイントを獲得してきた首位チームとの差を問われると、「う~ん、パナとの差……」と話し始めたところで言葉を詰まらせた。10秒間の沈黙後に「わかんないですね」と苦笑い。しかし、すぐに「相手がアンストラクチャーのプレーが凄く得意で、僕たちのディフェンスがちょっとできない部分があった。アンストラクチャーに対して、どれだけいいディフェンスできるかがこれから大事になる」と分析した。

 流れの中で攻守が切り替わった直後、陣形が整っていない状態での個々の判断力や対応スピードで差を感じたようだ。

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集