[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

パナソニック、5連勝の原動力はリザーブ 主将・堀江も満足「期待通りの動きをしてくれた」

ラグビーのトップリーグ(TL)第5節は15日、埼玉・熊谷ラグビー場の第2試合でパナソニック―東芝の全勝対決が行われ、パナソニックが46-27で制して開幕5連勝。首位をキープした。パナソニックのPR稲垣啓太、HO堀江翔太、SO松田力也、東芝のNO8リーチ・マイケルと昨年のワールドカップ(W杯)日本代表メンバー4人がスタメン出場。第1試合のキヤノン―ホンダに続き、熊谷は満員となった。観衆は2万2705人だった。

後半途中出場しトライを決めるパナソニック・小山大輝【写真:宮内宏哉】
後半途中出場しトライを決めるパナソニック・小山大輝【写真:宮内宏哉】

観衆2万2705人の中、東芝との全勝対決制す

 ラグビーのトップリーグ(TL)第5節は15日、埼玉・熊谷ラグビー場の第2試合でパナソニック―東芝の全勝対決が行われ、パナソニックが46-27で制して開幕5連勝。首位をキープした。パナソニックのPR稲垣啓太、HO堀江翔太、SO松田力也、東芝のNO8リーチ・マイケルと昨年のワールドカップ(W杯)日本代表メンバー4人がスタメン出場。第1試合のキヤノン―ホンダに続き、熊谷は満員となった。観衆は2万2705人だった。

【PR】トップリーグは「DAZN」で見られる! リーチ、稲垣、姫野ら、W杯戦士もズラリ… 今なら初月無料キャンペーン実施中!

 前半は東芝に先制を許すなど押し込まれる展開が続いた。それでも13分にFL長谷川峻太、29分にLOヒーナンダニエル、32分にCTBディラン・ライリーがそれぞれトライを決めるなど22-17とリードで折り返す。後半は東芝に一時は逆転されるも、CTB山沢、WTB竹山、SH小山がトライを重ねて再逆転。終わってみれば計7トライで46得点、開幕5連勝とボーナスポイント獲得を決めた。

 主将のHO坂手淳史が3試合出場停止となっている影響もあり、ゲームキャプテンを務めた堀江は「前半あまりよくなかったが、『何が悪かったのかしっかり明確にして、自分たちがやってきたこと以外をしようとするな』とずっと話していた。そこを注意しただけで、1人1人の判断や、やるべきリーダーが率先してチームを引っ張ってくれた」と試合を振り返った。

 山沢、福井、小山ら後半に途中出場した選手が活躍した。堀江は「リザーブの選手がどのようにチームに元気を与えるかは、自分も意識していたこと。期待通りの動きをしてくれた」とたたえた。ロビー・ディーンズ監督は「特に小山が後半2トライ重ねたことは非常に評価している。福井は毎試合パフォーマンスが上がっている。山沢がディフェンスをかき乱すというのは相手は嫌だったと思う」とそれぞれを評価した。

 一方、敗れた東芝のトッド・ブラックアダーHCは「パナソニックがボールをキープして、自分たちがプレッシャーをかけられた。自分たちのシステムに部分、部分でエラーが生じた。我々の準備はうまくいっていたが、うまくいかなかった部分で相手が上回ってきたと思う」と相手を称えた。東芝の小川高廣主将も「パナソニックがいい準備をして、いい結果を出した」と話した。

(THE ANSWER編集部・宮内 宏哉 / Hiroya Miyauchi)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集