[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

羽生結弦、6年前の伝説演技に再脚光 五輪メディアが回想「世界に名乗りを上げた日」

フィギュアスケートの五輪連覇王者・羽生結弦(ANA)にとって、2月14日は記念すべき日だ。6年前の2014年ソチ五輪でフィギュア史上、日本男子初の金メダルに輝いた。五輪公式メディア「オリンピックチャンネル」が当時の偉業を回想。「世界に名乗りを上げた日」と再び脚光を浴びせている。

ソチ五輪SPで史上最高得点をマークした羽生結弦【写真:Getty Images】
ソチ五輪SPで史上最高得点をマークした羽生結弦【写真:Getty Images】

6年前の2月14日はソチ五輪で金メダルを獲得した日

 フィギュアスケートの五輪連覇王者・羽生結弦(ANA)にとって、2月14日は記念すべき日だ。6年前の2014年ソチ五輪でフィギュア史上、日本男子初の金メダルに輝いた。五輪公式メディア「オリンピックチャンネル」が当時の偉業を回想。「世界に名乗りを上げた日」と再び脚光を浴びせている。

【PR】2020年の目標はインカレ総合2連覇 中央大学自転車競技部が選んだ“パートナー”とは

 伝説的な演技で世界を魅了した日から6年。当時19歳だった羽生の快挙は、今なお語り継がれている。

「ユヅル・ハニュウが世界に名乗りを上げた日」。同メディアは、こんなタイトルを打って当時をフラッシュバックさせている。

「2014年ソチ冬季五輪で、ユヅル・ハニュウがアイスバーグ・パレスで観客を魅了―五輪で史上初となる100点の壁を破るSPを演じた。その姿を何百万もの人がテレビで見ていた。2月14日に金メダルを獲得し、スターダムへと駆け上がった。これは、歴代最高のスケーターの1人となる彼のキャリアの始まりだった」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集